彼が忙しくてLINEの返信が少ないときとか、彼となかなか会えないときって、彼はわたしのことをどこまで本気で好きなんだろうと思って、つい情をはかりたくなるときがあるかもしれませんね。不安なときって、つい相手の情の量をはかりたくなるのって、人の常というか、とても人間らしい行為というか、そういうものだから。

■もっとも簡単な方法

彼氏の情をはかるもっとも簡単な方法は、ここに書くまでもないことですが、彼に聞くことです。「わたしのこと好き?」とか「わたしと会えなくてしい?」などと聞くのが、もっとも簡単な方法ですよね。
つきあっているのだから、それくらいのことは彼にストレートに聞かないと!
とはいうものの、聞けない人だっているから、彼の情をはかる方法を教えてくださいという恋愛相談が来るわけで……さて、どうしたものか。

彼にストレートに「わたしのこと、好き?」と聞けないというのは、彼になにか原因があるというより、あなたになんらかの原因がある。まずはこの立場をとることです。
あなたがかわいくないとか、計算高いとか、そういうことを責めているわけではありません。
たとえば、「彼のことは好きだけど、彼はかっこよすぎるから、いずれわたしはフラれるかもしれない」と、心のどこかで感じながら彼とつきあっていないですか? ということ。
あるいは、これもたとえばだけど、「しさをまぎらわせるために彼とつきあっているのであって、彼と人間性が100%好きということでもない」と思っていませんか? ということ。

■2番に簡単な方法

かっこいいからつきあうとか、しさをまぎらわすためにつきあうとか、そういうことでも全然OKなんです。彼と正面から向き合ってお互いにウソいつわりのない純げあうなんていう関係って、ちょっと重たいし、そういう相手に恵まれるのはもっと歳をとってからでいいと思っている人だっているでしょうから。
でも、彼氏か彼女のどちらかが、あるいはお互いが忙しくなったとき、ウソいつわりが少しでもあるは、相手に聞けないことを生みます。たとえば「わたしのこと、ホントに好き?」と聞けない。自分の心に少しウソが含まれているものだから、相手とまっすぐに向き合うことができない。

ということで、忙しくて連絡をくれない彼氏の情をはかる、2番に簡単な方法は、自分が自分の心にウソをついていないかどうか、というのを、自分に聞いてみる、という方法です。
たとえばしさをまぎらわせるための彼氏でもいいんです。表立って口にしないまでも、定期的に情がありそうなエッチをしたいから彼氏をキープしておく、でも全然いいんです。
でも、そういう、自分の気持ちにウソをついている関係って、いざというとき、ホントに弱いです。聞きたいことを、相手に聞けないから。多少なりとも後ろめたい気持ちとセットで、彼とつきあっているから。

そもそも、相手のをはかろうと思った時点で、恋愛に限らず物事なんでも、オワッテルと思わないですか? 終わりが見えているというか。相手のをはかるとか、を試そうと思うというのは、精的に相手に負けているということだから。
男なら、好きになったキャバ嬢の、自分に対するをはかろうと思った時点で負け。もう、いいだけキャバ嬢にを巻き上げられるルーレットに乗ったも同然。
女子だっておなじでしょう。彼氏に素直に「わたしのこと、好き?」と聞けない時点で、もう行き止まり。自分の気持ちに正直になって出直すしかありません。(ひとみしょう/文筆

カツ編集部)