フェリス女学院から慶応義塾大学、同大学院東京大学大学院情報学環教育部へと進んだお嬢様芸人たかまつなな株式会社下村塾を立ち上げ、お笑いジャーナリストとしても精的に活動。最近ではNHK内定が話題となり、今後の動きにもますます注が集まる彼女インタビューお笑いを始めたきっかけからNHK入局後の展望まで、自身の過去現在未来についてってもらった。

【写真を見る】お笑いの世界に進んだきっかけを語るたかまつなな

―――お笑い世界に進んだきっかけを教えてください。

中学2年生の時に哲学者の中沢新一さんの『憲法九条世界遺産に』(集英社新書)という本を読んでみたんです。それが爆笑問題太田光さんとの対談本で、当時は太田さんのことを存じ上げていなくて、すごくユニークな政策をおっしゃる大学先生だと思っていました。ところが、巻末にお笑いコンビと記されていて、「芸人さんだから憲法について面れるのか」と感銘を受けたんです。それで、私もお笑いを通して政治社会問題を伝えていきたいと思うようになりました。それからは高校生の時に学校お笑いサークルを立ち上げて、英語のスピーチコンテストネタを披露させていただいたりしましたね。

―――そのスピーチコンテストが初めて壇上に上がったライブだったのでしょうか。

その前に「ちびっこ漫才グランプリ」という大会に出ていたんですが、あまりウケなくて苦い思い出ですね。その後が先ほどのスピーチコンテストで、私は英語の成績が学年で最下位に近かったんですけど、ネタを披露したらすごく評判がよくて、みんなが前のめりになって爆笑するんです。お笑いにはすごいがあるなと感じて、お笑いを続けようと思うようになっていました。

―――芸活動に学業、会社経営と、いろいろなことに挑戦されていますが、過密スケジュールの中でどのように時間を使われているのですか。

的によって時間の使い方は変わってくると思っています。例えば、ラジオに出演が決まってから準備をするのはあまり良いことではなくて、急に決まってから勉強を始めると過密スケジュールになってしまうので、できる限り授業を聞いている時からラジオで話すならどう話すかを意識しながら過ごしています。勉強する時に勉強だけと思わずにネタにするならどうするか、討論番組で話すならどうするかを考えていますね。ただ、すべてにおいてそれをしていると辛くなってしまうので切り分けています。

後は私の場合は学校の授業を利用させていただいていました。討論番組の練習になりそうだなと思って(笑)先生に頼み込んで5分間だけ授業の前説をさせていただいたりもしました。それがすごく練習になりましたね。一日5コマあれば5回もネタができるので、授業の単位も取れて一石二だなと。そんな感じでどうすればその場が自分のためになるかを意識しながら考えるようにはしてますね。

―――授業でネタを披露をする際は緊されませんでしたか。

はしますね。だからスベってその授業に行かなくなったりとか(笑)。でも、テレビの前でスベるよりも200人の前でスベるほうがマシなので。それに、湯島天神鉛筆に書いていた「自信は努から」という言葉がすごく好きで、これだけ努したから絶対に勝てると自信が持てるくらい努しないとダメだなと思うようにしています。

―――出張授業にも精的に取り組まれていますが、行う中で得られたものはありますか。

政治を分かりやすく伝えているつもりでも、まだまだ伝え足りなかったりすることはありますね。18歳の生徒との感覚にずれがあるなと感じたり、教育現場の課題の多さもの当たりにして、自分のさみたいなものも感じます。

―――自身の中での理想の先生像を教えてください。

生徒のことを信じてあげる先生はいい先生だなと思います。私が行っている授業のオファーを生徒会の子が連絡してくることもあるんですよ。私が先生だったら自分で連絡したほうが絶対に楽なので、生徒のことを信じてあげる先生すごいなと思います。できることだけをやらせていても絶対に成長しないし、近くで手を差し伸べ過ぎても成長しないので、できないことを温かく見守ることが大事なんだと思いました。私は多分できていないので、そういう部分は勉強になりますね。

―――NHKに入社後は、やはり「ポスト池上彰」が標ですか。

池上彰さんは2つのことをされたと思っています。一つニュースを分かりやすく伝える先駆者となったこと。もう一つは政治ニュースが視聴率を取れることを明したこと。日本ニュース世界に非常に貢献された方だなと思っています。ただ、池上さんのユーザー政治興味はあるけど時間がないビジネスマンが多いと思います。私はそこにお笑いを取り入れることで、子供政治興味がない人にチャンネルを合わせてもらえるようにしていきたいです。そういう意味で「お笑い界の池上彰」と言していますが、バラエティの手法を用いればもっといろんな政治の伝え方があると思うので、多くの手法に挑戦していきたいです。また、問題を提起するだけではなく、解決策も提案していきたいですね。

―――NHKではディレクターとしてどんな番組を作りたいですか。

若い人に向けた政治社会問題の敷居を下げる番組です。実験的な番組をどんどん作り続けることが私の使命だと思っています。

―――今後はディレクター芸人をどのように両立させていきますか。

私って実は裏方の方が向いていると思うんです。NHKの内定が決まった時、番組を作るならそれに専念しなければダメだという世間のイメージも強く受けましたし、芸人をやるなら芸一筋で政治社会のことをってはいけないみたいな雰囲気も感じましたし、その縛りが強くて窮屈に感じる時もあります。でも、裏方のことを知っていれば絶対に良いパフォーマンスにつながると思いますし、自分がどう撮られているのかも分かるようになるんですよね。

兼業は禁止されなかったので講演会などは続けていくつもりです。そのほうが笑下村塾にとってもプラスになりますし、おそらくNHKで番組を作る上でも教育の現場を見ていることは大きいと思うので、両方に生きると思っています。以前、笑下村塾で番組制作を行ったことがあり、プロデューサーやらせていただいたんですけど、すごくやりがいを感じて「もっとやってみたい」と思っていました。NHKテレビ番組を届け、さらに、テレビえていろいろなことに挑戦していきたいです。(東京ウォーカー(全版)・永田正雄)

お嬢様芸人・たかまつなながNHK入局後の展望を語った