6日、コリンファース演の新作映画『ザ・マーシー(原題)』のプレミア上映が行われた。ロンドンカーゾン・メイフェア・シネマには、コリンファースが妻リヴィアを伴って来場。ヒロイン役を演じたレイチェルワイズもレッドカーペットに姿を現し、集まったファンたちを熱狂させた。

【写真を見る】愛妻・リヴィアは黒髪が輝くイタリア美人

57歳のコリンロングコートにスーツ姿で、銀髪ぶち眼鏡がよく似合う。結婚から約20年となる妻のリヴィアは、パンツスタイルゴールド刺繍があしらわれたダークネイビーのジャケットを羽織り、コリンとお似合いの落ち着いたファッション。仲まじく腕を組んで歩く2人は、知的で洗練された大人カップルそのものだ。共演者のレイチェルワイズは、大きくスリットの入った鮮やかなブルーチャイナドレス美脚を見せながら、コリンとのツーショット撮影にも応じていた。

リンファースの妻リヴィアはイタリア人で、2人の間には、16歳14歳息子がいる。英国EU離脱に伴い、イタリア人の妻や二重籍を持つ子供たちの英国居住権について、コリンはとても心配している様だ。先日は在英イタリア大使館に赴き、二重市民権の申請をしてきたという。一家イタリアのウンブリア州に別荘を持っており、休暇をイタリアで過ごす事も多いそうだ。

リンファース映画『ザ・マーシー(原題)』は、“ドナルドクロウハースト”という実在の人物を描いた伝記映画だ。1968年ドナルドは新聞社が催した世界一周ヨットレースに参加するが、レース途中で然と失踪。その後、ドナルド狂言計画が明らかになっていく…。映画イギリスを皮切りに世界各地で開される予定だ。(Movie Walker・UK在住/シャオ

コリン・ファース、主演最新作のプレミアに登場!