まさに男の中の男といっていい行動だろう。

 俳優阿部寛2月8日、台北内で行われた日本メーカーの新製品発表会に出席。東部・で6日に発生し、甚大な被をもたらした地震について触れ、1000万円の寄付を発表した。

 阿部は「非常につらく悲しい思いです」と率直な思いを明かし、「一日もく皆さんの穏な生活が戻ることをお祈りいたします」とのコメントを残している。

 2011年に発生した東日本大震災の際、台湾200億円にも及ぶ義援を寄付しており、日本国民にも親しみのあるだが、っ先にこういった行動を起こした阿部には論、称賛のが上がっている。

 さすが売れっ子俳優と感じる行為だが、その寄付額に驚いたという人も多いようだ。

阿部は昨年10月にかかりつけの歯科クリニックで医療費を値切っていたことを週刊誌に報じられています。その内容は、保険適用外の治療を阿部が『保険適用にできるはず』とし、交渉の結果、見事に支払い額を半額にすることができたというもの。実際、料が下がっているのだから阿部は正しかったようですし、セレブぶって銭感覚が麻痺しているよりよっぽどマシと好感度を上げていました。また、阿部自身も過去バラエティ番組で自分がケチであることを認めているので、今回これだけの大を寄付したということに驚かれているようです」(エンタメライター

 ネット上でも「阿部さん、いい人過ぎるな」「お金の使いどころがしっかり分かっている」「もこんな男になりたい」など、まさに絶賛のだ。

 自分のことはケチっても必要とされているところには惜しまない、その人間性を々も見習いたいものだ。

田村元希)

アサジョ