現在、最もフリーキックが上手い選手はなのか……。イギリス誌『FourFourTwo』が、「2013-14シーズンからの5年間で最もフリーキックの成功率が高かった選手TOP20」という記事を掲載した。

 FKでのゴール数はよく伝えられるが、その成功率は影に隠れがちだ。

 弱小チームの場合、ビッグクラブべて好位置でのFK自体が少なく、本当にすごいキッカーが埋もれてしまうこともある。また、優れたキッカーの多いチームに在籍している場合も、蹴るチャンスは少なくなってしまう。

 一方、チームで常にキッカーを任されている選手は、蹴る機会が多い分、成功率を維持するのが難しくなってくる。

 そういった条件も影し、「過去5年間のFK成功率TOP20」には意外な選手の名前も登場した。

 なお、データ1月23日時点のもので、5年間で最低20本以上のFK蹴った選手だけが対となっている。また、『FourFourTwo』は意外にもランク外となった“名キッカー”も紹介している。

過去5年間のFK成功率TOP20

ランク外】
ズラタン・イブラヒモヴィッチマンチェスター・U
キック数:91
ゴール数:4
成功率 :4.4

クリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリード
キック数:112
ゴール数:7
成功率 :6.25

リオネル・メッシバルセロナ
キック数:165
ゴール数:11
成功率 :6.67

ハカンチャルノール(ミラン
キック数:99
ゴール数:10
成功率 :10.1

ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・C
キック数:35
ゴール数:4
成功率 :11.3

アレクシス・サンチェスマンチェスター・U
キック数:42
ゴール数:5
成功率 :11.9

ネイマールパリ・サンジェルマン
キック数:41
ゴール数:5
成功率 :12.2%

■ウィリアン(チェルシー
キック数:31
ゴール数:4
成功率 :12.9

20位〜11位

■18位 スソ(ミラン
キック数:22
ゴール数:3
成功率 :13.64
 

■18位 ガエルカクタ(アミアン)
キック数:22
ゴール数:3
成功率 :13.64
 

■18位 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ
キック数:22
ゴール数:3
成功率 :13.64
 

17位 ウェイン・ルーニーエヴァートン
キック数:29
ゴール数:4
成功率 :13.79
 

■13位 ロメル・ルカクマンチェスター・U
キック数:21
ゴール数:3
成功率 :14.29
 

■13位 ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・C
キック数:28
ゴール数:4
成功率 :14.29
 

■13位 ズラトコ・ユヌゾヴィッチ(ブレーメン
キック数:35
ゴール数:5
成功率 :14.29
 

■13位 ダヴィド・アラバ(バイエルン
キック数:42
ゴール数:6
成功率 :14.29
 

■12位 ミラレム・ピアニッチ(ユヴェントス
キック数:76
ゴール数:11
成功率 :14.47
 

■11位 マルクス・ズットナー(ブライトン
キック数:27
ゴール数:4
成功率 :14.81

◆10位〜1位

■8位 マウリシオ・レモス(サッスオーロ)

キック数:20
ゴール数:3
成功率 :15
 

■8位 アンリ・セヴェ(ニューカッスル

キック数:20
ゴール数:3
成功率 :15
 

■8位 セヤド・サリホヴィッチ(ハンブルガーSV)

キック数:20
ゴール数:3
成功率 :15
 

■7位 マルヴィン・プラッテンハルトヘルタ・ベルリン

キック数:37
ゴール数:6
成功率 :16.22
 

■5位 フェデリコヴィヴィアーニ(SPAL)
キック数:30
ゴール数:5
成功率 :16.67
 

■5位 ハメス・ロドリゲスバイエルン

キック数:36
ゴール数:6
成功率 :16.67
 

■4位 マルコス・アロンソチェルシー

キック数:22
ゴール数:4
成功率 :18.18
 

■3位 フィリペ・コウチーニョバルセロナ

キック数:26
ゴール数:5
成功率 :19.23
 

2位 パウロ・ディバラユヴェントス

キック数:38
ゴール数:8
成功率 :21.05
 

1位 フアン・マタ(マンチェスター・U

キック数:22
ゴール数:5
成功率 :22.73
 

(記事提供:Qoly)

英誌がフリーキッカーTOP20を発表した [写真]=Getty Images