決勝で金メダル争い、“カリスマ”が語った平野「アユムは13歳の時から見ているんだ」

 平昌五輪は13日、スノーボード男子ハーフパイプ予選でソチ五輪銀メダリスト平野歩夢(木下グループ)が3位で決勝進出を決めた。一方、金メダルを争う五輪金メダル2度のカリスマショーン・ホワイト(米国)は2本目に98.50点という圧巻のスコアを叩き出し、首位で決勝に駒を進めたが、「ホワイト2世」と呼ばれてきた平野と“天才の境遇”を重ね合わせて語っている。米地元紙「ニューヨークタイムズ」が報じている。

 絶対王者がギアを入れ直した。1本目に93.25点でトップに立ったホワイト。2本目に平野とスコッティジェイムスオーストラリア)に抜かれ、3位に。すでに決勝進出は確定的だったが、2本目で威厳を示した。

 記事では「ホワイトはすでに水曜日の決勝進出に安泰だったが、彼は2本目で安全策に出なかった。ほぼ完璧な98.50点を叩き出した。6人のジャッジは3人が99点で、3人が98点。このランにはフロントサイド1080ダブルコークダブルマックツイスト1260、フロントサイドダブルコーク1260が含まれていた」と圧巻の内容を伝えている。

 06年トリノ五輪、10年バンクーバー五輪で金メダルを獲得し、年収10億円ともいわれるスノーボード界の31歳のカリスマ。前回ソチ五輪は転倒で表彰台を逃し、雪辱にかける思いは強いが、一方で平野を筆頭にした若手も台頭している。記事ではひと回り違う19歳のライバルに対し、語っている。

ホワイト2世」と言われた平野「それは凄いプレッシャーなんだよ」

「アユムについては正直、彼が13歳の時から見ているんだ。僕の子供の頃と同様に彼は厳しい状況にいたんだ。このスポーツで次なる大物になる、偉大な存在になるという巨大なプレッシャーを感じていた。小さな子供の頃から、彼はショーン・ホワイト2世になるだろうと、みんなから言われてきたんだ。それは凄いプレッシャーなんだよ。その期待に応え続けることは大変なんだ」

 ホワイト少年時代から見守ってきた平野について、かつての自分の境遇に重ね合わせるほど才能を認めているが、一方でまだまだ玉座を譲る気はない。記事によると、こうも語ったという。

「それがどういうつもりなんだ? という具合に自分はここにいるんだ。まだまだ健在だよ」。その赤毛から「空飛ぶトマト」と呼ばれるカリスマは、決勝で2大会ぶりの金メダルを掴み取るつもりでいる。(THE ANSWER編集部)

平野歩夢、ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】