2月12日放送の『レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「世界一怖くない強盗に襲われた世界一優しいタクシー運転手。」が紹介され、そのエピソードに反が集まっています。

番組に登場したのは、兵庫県明石タクシー運転手をしているフジワラさん。2017年3月終電後のJR西明石駅前で客待ちをしていると、お疲れ気味の青年タクシーに乗します。的地は西明石駅から1時間ほどかかる姫路で、フジワラさんは上客だと思ったそう。中の1時頃、姫路市内のとあるマンションに到着。清算をしようとしていたところ、青年にいきなり髪の毛をつかまれ、銭を要されます。フジワラさんは勇敢に言葉で抵抗しますが、それでも引かない青年は、フジワラさんの顔の横に“毛抜き”を突き付けたそうです。

フジワラさんが毅然とした態度で「お前、これが悪い事だってわかるよな?」と青年を諭し続けると、青年は謝罪し、身の上をりはじめました。青年は震災で被災し、涯孤独になって自暴自棄になり、犯罪を犯して刑務所へ。そして、出所後に入った更生保護施設を抜け出してきたとのこと。

それを聞いたフジワラさんは、青年なんとかしてやりたいと思い、保護施設が開く8時まで暖がとれる漫画へ向かいます。しかし会員をつくるのに身分が必要で、保護施設を抜け出した青年は入店できません。やむを得ず漫画を立ち去り、コンビニタバコを買ってあげたそうです。その後、飲まず食わずで空腹だった青年ファミレスへ連れて行くと、フジワラさんは何も頼まず、青年に好きな物をご馳走。食事代だけ支払い、その場を後にしました。
 
この人情味あふれるエピソードに、ネット上では「優しすぎ」「あかん甘やかし過ぎや」「お人よし過ぎる…」「人情のフーさん」といった反応が集まっていました。

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』