のびー / PIXTA(ピクスタ)
のびー / PIXTA(ピクスタ)

昨年10月に元横綱日馬富士に暴行被を受けた十両ノ岩(貴乃花部屋)が、2月13日に約3カぶりに姿を見せた。稽古に現れたノ岩の体はややふっくらした印で、心配された体調面は順調に回復している模様だ。

ノ岩は昨年10月25日鳥取市内での席で日馬富士に頭部を殴打されるなどした影で、昨年11月九州場所と続く巡業を休場していた。日本相撲協会は、暴行被を受けたということで、診断書を提出すれば初場所を全休しても場所(3月11日初日)は十両最下位(14枚)にとどめる特別救済措置を決定していた。

それに従いノ岩は1月11日付で診断書を提出し、初場所を全休した。診断書には《頭皮裂創、右巣炎あり。繰り返す頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3カ程度は頭部打撲を避ける必要があり、1月の就業は困難である》と記載されていた。

ノ岩は体の傷が癒えたとしても、横綱日馬富士引退に追い込んだ当事者ということで精的に相当、動揺しています。急いで場所に復帰しても、またマスコミに追われたりして参ってしまうでしょう。ひいきにみて、もう少し休みが必要な感じです」(相撲ジャーナリスト

 

3カ月ぶりに姿を見せた貴ノ岩が背負う「重い使命」

徹底的な改革が望まれる相撲界

そのノ岩は、師匠貴乃花親方が、先日放送されたテレビ朝日の特別番組で「事をつかさどる横綱暴力事件を起こして土俵に上がるのはいかがなものか」とコメントを残してフォローをしたことで、精的にも立ち直る兆しを見せているという。

SNSではノ岩に対し《く場所に出てきて快な投げを見せて》、《世間のに負けないで土俵で見返してほしい》、《本来、十両で取る力士じゃない》などと励の投稿が集まっている。

「順調にいけばノ岩はいまごろ大関を狙えていた可性もあったほど、将来を嘱望される力士です。相撲界はこの際、すべての稽古を“ガラスり”にするなどして、徹底的に革しないとファンがどんどん離れていくと思います。それほどこの暴力事件の意味は大きいものでした」(同・ジャーナリスト

ノ岩が活躍すればするほど、貴乃花親方の存在は相撲界で重要性を増すという意見もある。ノ岩がもし場所に出場すれば、協会と対峙する貴乃花親方を応援するも一緒に受け取ることになるだろう。

場所が楽しみだ。

 

のびー / PIXTA(ピクスタ)