JR両国駅から1本道を歩いてすぐのお寺

大相撲の本場所が開催されることで知られる両国国技館から歩いて10分足らずの場所に、大相撲歴史に縁の深いお寺、回向院(えこういん)があります。

回向院山門

「回向院」と聞き、仏教宗)の学校出身の筆者はっ先に、お経を読んだ後に唱える「願く(ねがわく)はこの功徳を以て(もって)、普く(あまねく)一切に及ぼし・・・」という「普回向」を思い浮かべました。

「回向(えこう)」とは本来「自分の修業による功徳を他者にも転回する」という意味の仏教ですが、現在では「死者の成仏を祈り、供養する」という意味でも使われています。そこからも分かるとおり、このお寺は動物や、災害で亡くなった死者、更には刑死者までも供養することを理念としているのです。

JR両国駅西口を出ると、回向院までは1本。「さすがここは相撲」と感じられる横綱オブジェに囲まれた「技館通り」をっすぐに歩き進むと、ほどなくしてビルに挟まれた山門が見えてきます。方向音痴の筆者でも、迷うことなくたどり着くことができました。

かつて国技館があったお寺では、ペット供養も!

山門をくぐり参を進んでいくと、左手の「塚」という大きな石碑につきます。これは昭和11年に、歴代の相撲の年寄の慰霊のために建てられたもの。

実は昔は、相撲行を行うための技館も、このお寺の内にあったのです。山門の外の「旧技館跡」という立看には、かつての技館の歴史が詳しく書かれています。

更に進んでいくと、ペットの供養がいくつも並んでいます。だけでなく、の供養もありました。

供養

内では、飼いとおぼしき女性に毛を櫛でとかしてもらい、ご機嫌な2匹のにも出会えました。

追っ手をすり抜け続けた鼠小僧の墓石は、博打や受験のお守りに!?

ペット供養が立ち並ぶ一帯の最もには、有名な泥棒小僧の墓があります。小僧は長年追っ手をすり抜けて捕まらなかったため、その運の良さにあやかるために小僧の墓石を削ってお守りに持つ習慣ができたといいます。

現在では博打や受験のお守りとして、小僧の墓石の前にある「お前立ち」を削って持っていくようになっているとのことで、削るための石もいくつか置いてありました。筆者も削ろうとしてみましたが、粉が取れるだけで、うまく石を削り取ることはできませんでした。

小僧の墓

その後、ご本尊の如来坐像を参拝。御朱印も、如来と頭観世音菩薩の2種類を頂くことができます。相撲からペット供養、受験ギャンブル運の向上と、見どころ満載な回向院。

近くに立ち寄る機会があったら、ぜひ一度参拝してみてはいかがでしょうか。

回向院(えこういん)

関連画像