電車を待つ間など、ちょっとしたスキマ時間に、スマホゲームを楽しむ人は多いだろう。そんな方に今回紹介したいのが、開発元が世界最小とうたう携帯ゲーム機「PocketSprite」

車の鍵かと間違えてしまいそうなサイズながら、搭載するスクリーンゲームを映し出して十字キーなどで動かして遊べる、れっきとしたゲーム機だ。

・2センチ四方のスクリーン

ノリとしては以前流行した「たまごっち」のような感じかもしれない。手のひらサイズでどこにでも携帯でき、シンプル操作。

実際、サイズは55×3ミリメートル、厚さも14ミリメートルとかなり小型だ。そこに25×22ミリメートルOLEDスクリーン解像度96×64ピクセル)と操作用のボタンが付いている。

これならバッグなどにしのばせておいて、電車のわずかな乗車中でも遊べる。

・ゲームの追加も

しかも、PocketSpriteは搭載されたゲームひとつだけを楽しむというものではない。PocketSpriteにはあらかじめGNUBoyとSMS Plusエミュレーターが入っていて、任天堂ゲームボーイやセガのゲームギアなどが楽しめる。

また、BluetoothWi-Fiパソコンにつなげてゲームを追加することも可能となっている。

・世界中どこにでも無料発送

PocketSpriteは現在、クラウドファンディンサイトCrowdSupplyで資金調達中。登場したところあっという間に目標額を達成し、現在45ドル(約4900円)〜となっている。

世界中どこにでも無料で発送してくれるのもうれしい。出資は3月22日太平洋標準時)まで受け付け、4月から発送が始まる見込みなので気になる方はお早めに。

PocketSprite/CrowdSupply

世界最小の携帯ゲーム機「PocketSprite」が登場