14日に悲願の1勝をかけて日本戦、劣勢予想に「『ナニクソ』という気持ち」

 連日熱戦が繰り広げられている平昌五輪の注の一つが、南北合同で出場している女子アイスホッケーコリア」だ。14日には1次リーグ終戦日本突。メディアも悲願の1勝をかけた戦いに注し、コリア選手は「私たちが日本に勝てるということを明しなければいけません」と意気込んでいることを伝えている。

コリアホッケーチームにとって、日本物差しであり、宿敵でもある」と特集したのは、ニューヨークタイムズ」だ。記事では近年、韓国進化を続け、昨年2月アジア大会日本に0-3で敗れたが、選手たちは最大のライバルに最も近づいたと感じていたと紹介している。そして、14日には「コリア」として日本戦に挑む。

 過去2度の出場で勝ちはないものの、実的に日本優位の見方が強いが、韓国シン・ソジョンは「そのニュースにしてます。私たちはそのニュースに対して『ナニクソ』という気持ちでしたし、私たちが日本に勝てるということを明しなければいけません」と意気込んでいるという。

 今大会は2戦ともに0-8で敗れているが、記事によると、マレー監督はいかに選手たちが打倒・日本に燃えているかを理解し、将のパク・ジョンアは「私のホッケー人生で、夢のような舞台だ」と大一番に向け、胸を高鳴らせている。

アジアの雄・日本は「私たちにとって一つのモデルになる」

 記事では「アジアにおける女子ホッケーにおいて、日本ライバルというだけではなく、コリアの実を測る物差しでもある。日本コリア同様にスウェーデンスイスに敗れているが、結果は1-2と1-3であった」と紹介している。

 さらに「コリア」の帰化選手、ランディ・グリフィンは日本戦に向けて先週、こうったという。

「小柄で、俊敏で、本当に一生懸命だ。もし々もチームとして成長できれば、私たちにとって一つのモデルになる。向こう5年~10年後の私たちの姿ね。もしくは5日後かもしれないけど」

 記事では「成長したコリアにとってしても、日本はまだ高いである」と述べられ、南北合同チームにとって日本背中を追う存在だが、もちろん、簡単に負けるつもりはないだろう。

 日本にとっても悲願の五輪1勝をかけた舞台。コリアの「」として威厳を見せつけられるか。注の一戦となりそうだ。(THE ANSWER編集部)

14日には日本戦に挑む南北合同の「コリア」【写真:Getty Images】