90年前に存在した理想の住宅。
国の重要文化財にもなった名建築「聴竹居」は
なぜ発見され、再生されたのか。

 京都府乙訓郡大山崎町のひっそりと佇む「聴竹居(ちょうちくきょ)」。これは、1928(昭和3)年に、建築家・藤井厚二の自邸として建てられた名作住宅だ。和洋の生活様式の統合とともに、日本の気候風土との調和を目指した昭和初期の「日本の住宅」として、先駆性、歴史的・文化的価値が高く評価され、昨年、国の重要文化財に指定されている。

 “実験住宅”と称した家を何棟も建て、住み心地を検証し続けた藤井厚二の最後の作品でもある「聴竹居」は、細部にわたって凝らされた意匠のみならず、さまざまな住居としての創意工夫が施されている。現在は一般公開もされ、地元住民を中心とした維持・保存活動が行われている「聴竹居」は、「環境共生住宅の原点」といわれ、日本の住宅の理想形を実現した建築と認められながらも、長らく知る人ぞ知る存在であった。

 そんな「聴竹居」は、どのようにして発見され、再生されたのか。その歩みを綴った書籍『木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年』(ぴあ株式会社)が3月17日に発売される。著者は一般社団法人「聴竹居倶楽部」代表理事の松隈章。総合建築会社・竹中工務店の設計本部副部長でもある。実は「聴竹居」は2016年より竹中工務店の所有となり、維持・保存が進められてきた。そして「聴竹居」を建てた藤井厚二は、竹中工務店の初期の社員でもあったのだ。こうした事実や、「聴竹居」にまつわる現在までの経緯などが、本書には詳細に記されている。「聴竹居」を通して、地域に根ざした建築物の魅力と、その歴史や文化を見直し、古い建物を未来へ引きついでいくことの大切さを本書から感じることができるだろう。

配信元企業:ぴあ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ