打者は呆然…MLB公式ツイッター動画開で話題「伝説トリック

 名捕手の条件は1つではない。キャッチングやスローイング、さらにバッティングを挙げる人も中にはいるだろうが、リードを重視するは多いのではないか。打者をじっくりと観察し、球種を選び、そして裏をかく。これは捕手の大きな仕事となるが、あまりにも大胆な“作戦“を立て、見事に成功させたメジャーリーガーがいる。その動画MLB公式サイトスペイン語公式ツイッター開され、再び“脚”を浴びている。

 役は昨季までヤンキースで一塁コーチを務めたトニーペーニャ2002年途中から2005年途中まではロイヤルズ監督を務め、ミニカ共和監督としても2013年の第3回WBCで初優勝に導いた人物だ。そのペーニャが現役時代にとんでもないプレーをやっている。

 MLB公式サイトスペイン語ツイッターが「おそらく、あなたは過去に見たことがあるかもしれない」とり、「伝説トリック」として開した動画は、ペーニャアストロズに所属していた1997年のもの。9月5日の敵地ジャイアンツ戦、1-2と1点ビハインドで迎えた1死二、三塁のピンチフルカウントとなり、マウンドへ向かったペーニャ投手のハデックと話し込む。本塁へ戻ると、立ち上がって、敬遠を要。しかし、ペーニャはここで突然座り、ハデックはどん中にストライクを投じる。打者のジョンソンは全く反応できず、見逃し三振となった。

 ジョンソンは呆然。敵地はどよめきに包まれた。ペーニャしくガッツポーズ。この年が現役最終年となったベテランの見事な「フェイク敬遠」だった。もっとも、ハデックは続く打者を敬遠で歩かせた後、2点タイムリーを浴びて2失点。この試合は結局、1-4で敗れてしまった。

 それでも、このプレーはまさに「伝説トリック」として、今でもり継がれている。(Full-Count編集部)

現役時代、レッドソックスなどで活躍したトニー・ペーニャ氏【写真:Getty Images】