2月10・11日の週末映画動員ランキングで、綾瀬はるか坂口健太郎の共演作『今ロマンス劇場で』が初登場1位を獲得。2位は前回まで2週連続首位をキープしていた『祈りの幕が下りる時』、3位に『不犯』が入るなど、前回に続いてトップ3を実写邦画が占める結果となった。

【写真を見る】注目の福山雅治主演のアクションは4位でトップ5入り(『マンハント』)

オリジナルの邦画として今年初の首位を獲得

『今ロマンス劇場で』はフジテレビホリプロ製作したオリジナル作品。「のだめカンタービレシリーズ武内英樹監督によるラブストーリー漫画アニメなどの映画化作品が圧倒的に強い昨今の邦画界で、本作は土日2日間で動員12万6000人、収1億6600万円を記録した。SNSでも「涙腺が崩壊した」「涙でメイクが落ちた」など感動したという反応が多く、せつない物語が高評価を獲得したようだ。

また、10~40女性の高い支持がうかがえる本作だが、『ローマの休日』(53)や『カイロのバラ』(85)など往年の名作を想起させるのか60代までの動員も立ち、幅広い層に受け入れられているのも興味深い。10日に綾瀬はるか演の『本ホテル(17)を放送するなど、フジテレビのぬかりのない宣伝も功を奏したようだ。

ジョン・ウー×福山雅治の注作は4位に

4位にランクインしたのは鬼才ジョン・ウー福山雅治チャンハンユーの日中スター演に迎えた『マンハント』。1976年高倉健演で映画化もされた西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化作品で、土日2日間で動員6万3000人、7900万円を獲得。大阪を舞台にしているからか、特に関西圏での高稼働が立つ結果となっている。2月は本作のほか、チェンカイコー監督染谷将太演での『空海―KU-KAI― 美しき王妃の』(2月24日開)も控え、日中が協した話題作の開ラッシュとなる。

■ 「コードギアス」最新作は8位。ジオストームは未だ日本停滞中!

人気アニメ劇場版三部作の第2弾『コードギアス 反逆のルルーシュII』は8位にランクイン。三部作の2作は低調になる場合も多いが、今作は昨年開の前作『コードギアス 反逆のルルーシュI (17)の9位を上回る結果に。最終章の『コードギアス 反逆のルルーシュIII』は5月26日(土)開予定だ。また、圏外デビューとなったが『劇場版マクロスΔ 情のワルキューレ』は同週末のミニシアターランキング1位を記録している。

開中の作品では6位の『ジオストーム』の勢いが覚ましい。23にして動員77万4,009 人、行収入は10憶円を突破。特に10~20代の洋画を見慣れていない層の獲得に成功したほか、大迫ディザスターシーンアトラクションのように体感できる“4DX”の活躍も本作のり強さの要因であると考えられる。

次週の開作品には、ヒュー・ジャックマン演のミュージカルグレイテスト・ショーマン』(2月16日)に、岡崎京子伝説コミック映画化した『リバーズ・エッジ』(2月16日)などが控えている。トップ10にどのような変動が起きるか要注だ。(Movie Walker・文/トライワークス)

並みいる強敵を押さえて首位を獲得した『今夜、ロマンス劇場で』