テムズ河畔にどっしりとたたずむロンドンは、世界遺産にも登録されているロンドンを代表する観光スポットのひとつ。

イギリスに留学した経験をもつ夏目漱石も「ロンドン英国歴史を煎じ詰めたものである」と書いたほど、イギリスロンドン歴史が詰まったスポットです。

ロンドン」という名前から、タワーのようなものだと思われることもありますが、正式名称は「女王陛下の宮殿にして要塞」。さまざまな建物からなる複合建築物で、「」というよりは「塞」といったほうがその実態に近いといえるでしょう。

1000年近い歴史をもつロンドンだけに、やかな歴史の陰には背筋も凍るような血塗られた歴史が秘められています。

世界遺産塞「ロンドン

ロンドン歴史は、1066年に即位したウィリアム王が、ロンドンを守るための要塞の建設を命じたことにはじまります。

1241年に、現在ホワイトタワー」と呼ばれている最初の完成

その後、歴代の王によって増築が繰り返され、最初のホワイトタワーと呼ばれるようになり、「ロンドン」は塞全体をす名前となりました。

王の居となったロンドンには、王立動物園文台、造幣所まで設けられ、15世紀後半からはや処刑場としても使われるようになります。王族のほか、ジェフリー・チョーサー、トマスモアといった多くの著名人が投され、ここでその生涯を終えました。

・処刑場跡

1509年に即位したヘンリ8世は絶対王政確立しての発展の基礎を整えた一方で、世継ぎの男児を産むなかった王妃アン・ブーリンに姦通罪の濡れ衣を着せ、斬首刑に処しました。

それ以来、ロンドン周辺では「アンを先頭にした行列が、礼拝堂の周りを何度も回り、とともに消え去った」「アンを乗せた舟がテムズを下っていくのを見かけた」など、念の最期を遂げたアン・ブーリンの亡霊を見たという噂がささやかれるようになります。

この種の撃談は今も後を絶たないとか。アン・ブーリンが処刑された場所には、現在ガラス製のメモリアルが設置されています。

ブラッディ・タワー

「血染めの」の意味をもつブラッディ・タワーは、高な身分の囚人が閉されていた場所。実際の処刑は外の広場で行われることが多かったそうですが、ここはエドワード4世の息子ふたりが殺された場所と言い伝えられています。

1483年、エドワード4世の死後、彼の息子であるエドワード5世幼王とそのリチャードロンドンで即位の日を待っているあいだに行方不明になりました。

それからおよそ200年後、ホワイトタワーのそばで2人の少年の遺が発見されました。それがエドワード5世幼王とリチャードの遺骸だと信じた当時の国王チャールズ2世は、彼らをウエストミンスター寺院に埋葬しました。

偽のほどは定かではありませんが、事件の後王座に就いた叔父リチャード3世が、王座を手に入れるために兄弟を暗殺したといわれています。

・トレイターズ・ゲート

「反逆者の門」という意味で、多くの囚人たちがテムズからこの門を通ってロンドン内にあるに入れられました。当時は「この門をくぐると生きては帰れない」といわれていたほど。

のちに女王となったエリザベス女王も反逆の疑いでこの門をくぐって投されましたが、潔明され事に脱することができました。

・渡りカラス伝説

ロンドンにまつわる面伝説が、「ロンドンからカラスがいなくなったとき、王政は没落し、が崩れ落ちる」というもの。

そのため、ロンドンでは伝統的に渡りカラスが飼育されており、専門の「レイヴンマスターワタリガラス専門)」が世話を行うというの入れよう。現在でも予備を含めた7羽のカラスが飼われています。

これらのカラスは、ロンドンから出て行かないように羽の一部を切って飛べなくしてあるとか。

ロンドンには、ほかにも世界最大級のダイヤモンドアフリカ」がはめ込まれた王笏をはじめな宝物の数々を展示する「ジュエルハウス」など数多くの見どころがあります。

時間が許せば、ロンドン衛兵ビーフィーター」によるツアーに参加して、さまざまなエピソードを聞きながら内をめぐってみては。

ロンドン世界中の人々を惹きつけてやまないのは、「王の居だった」「世界遺産である」というだけでなく、そこにと陰をあわせもつ人間ドラマがあるからなのでしょう。

【世界遺産】王の居城から処刑場へ、血塗られた歴史をもつイギリスのロンドン塔