今9日に開幕した平昌冬季五輪日本過去最多のメダル獲得が期待されているが、厳しい寒さと強で思うようにパフォーマンスを発揮できない選手も多いようだ。そんな中、寒さ知らずのロボットらによる人間顔負けのスキー競技大会が開かれた。英通信社「ロイター」(12日付)が報じている。

 12日、平昌にほど近いウェリーヒリ・スノーリゾートで開催された「Edge of Robot: Ski Robot Challenge」には、世界から10の大学・研究機関民間企業らが参加。優勝賞1000ドルを巡り熾な争いが繰り広げられた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15984_entry.html

 現在平昌の強に多くの選手が苦しめられているが、ロボットにとってはそれほど問題ではないようだ。日本人気ロボットアニメ機動戦士ガンダム』や『マジンガーZ』の“パクリ”と噂される韓国アニメテコンV」をチーム名に関した韓国チームLee Sok-min氏は次のようにコメントしている。

の影アルペンスキーがまた延期されたと聞きました。とても残念ですね。しかし、ロボット調子は順調ですよ」(Lee Sok-min氏)

 競技に参加するロボットには一定の条件が設けられていた。

・全長50cm以上であること
・二足歩行であること
・膝関節や肘関節に類似した接合部を持つこと
独立した電系統を持つこと
スキーとストックを身につけること

 つまり、ロボットらは人間のようにスキーをしなければならない。テコン―Vチームロボットも参加チーム中最小ではあるが、その姿は人間そっくりだ。

 参加ロボットらは、回避したポールの本数とゴールまでの時間を争った。備え付けのセンサーポールを認識し、回避行動をとるようプログラミングされているのだという。生理的・心理的な弱点を持たないロボットならば、人間のスキーヤーなど足元にも及ばないだろう。

 しかし、映像を見てみると、そう簡単なものでもないようだ。複雑なスキーの動きをロボットマスターしているとは到底言えず、転倒、コースアウトの多さが立つ。滑走するロボットの後ろを着いていくスタッフまでロボットに釣られて転倒する様子にはなんともいえな悲哀が漂っている。世界初のロボットスキー大会に向けられたYouTubeユーザーコメントを見てみよう。

「まぬけ」
「これは何のためにやってるの? まったく意味」
ロシア五輪に参加できなかったから、代わりにロボットやらせたのか?」
「これが未来だ。ロボットたちがロボットたちのレースを見て楽しむ。人間は時代遅れになるよ」

 今後ロボットの性がグンと向上すれば、もしかしたらオリンピックに人間ではなくロボットが出場する日も来るかもしれないが、そののりはまだまだ遠そうだ。
(編集部)


イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より