シンガポール航空

(C) Singapore Airline

美しい民族衣装「サロンケバヤ」がユニフォームシンガポール航空世界有数のトップクラスエアラインだけあって、を奪われる美しいユニフォームです。カッティングが美しく、ボディラインのはっきり出るユニフォーム男性のみならず女性にもの保養になります。スカートにはスリットが入っているので、ちょっとドキドキ。CAは、スタイルの良い人ばかりなのもさすが。

シンガポール航空
公式サイト日本語) http://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/home

マレーシア航空

(C) One World

上記のシンガポール航空とちょっと似ていますが、爽やかブルーマレーシア航空ユニフォーム。ジャワ更紗と呼ばれる、エキゾチックなバティックが異への夢を誘います。

マレーシア航空
公式サイト日本語) https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja.html

タイ航空

(C) Thai Airways

タイの伝統的な文化を取り入れた、タイ航空民族衣装のユニフォームタイシルクユニフォームに、タイ世界最大の生産を誇るをあしらっています。綺麗なピンクにもウットリしますね。民族衣装の他に、パープルユニフォームもあります。

タイ航空
公式サイト日本語) https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page

スリランカ航空

(C) One World

サリーモチーフにした、孔雀くじゃく)柄ピーコックブルーユニフォームトップスはセパレーツになっているので、チラッとウエスト部分がのぞく大胆さがナイスです。

スリランカ航空
公式サイト日本語) http://www.srilankan.com/ja_jp/jp

エミレーツ航空

(C) PR TIMESs

日本人にも人気のドバイが本拠地のエミレーツ航空。ベージュにユニフォーム帽子ベールがエキゾチック。ベージュは砂漠を、太陽を、そして顔を覆うベールスカーフはイメージしているそうです。

The Huffington Postによると、CAは毎年約5500人の採用募集に20万人が応募する中から選ばれた、エリート中のエリート


(C) PR TIMES

エミレーツ航空で10年務めた元CAによると、口紅はエミレーツ航空ブランドカラーのようにパッとやかなの口紅が好まれ、ネイル単色か、透明なベースフレンチネイルのどちらかと決められているそうです。フライト前にはネイルやヘアスタイル制服の着こなし等きちんと整えられているかを入念に確認され、プロフェッショナルさをめられます。

エミレーツ航空
公式サイト日本語) https://www.emirates.com/jp/japanese/

カタール航空

(C) One World

航空会社の格付け調を行なうスカイトラックスが発表した、2017年世界ベストエアラインエアラインオブ・ザ・イヤー2017」で、世界1位ワールドベストエアライン)に選ばれたカタール航空染みの薄い中東航空会社でありながら、世界76カ150都市に就航しており、航空運賃はお安めで評判も良いとなれば人気が出ますよね。

ユニフォームの深い赤色は、国旗の色から取っているそうです。地味に見えますが、身体の線がはっきり出るデザイン。CAは、採用条件に「(顔、腕、手、脚、首の)肌が綺麗なこと(しみや傷がないこと)、見える部分にタトゥがないこと」があり、身だしなみの規則が厳しいので、CAの髪型メイク・肌の完成度が最も高いエアラインとも言われます。

カタール航空
公式サイト日本語) https://www.qatarairways.com/ja-jp/homepage.html

ロイヤルヨルダン航空

(C) One World

にお刺繍がアクセントの民族衣装制服しくて可愛いですね。い色の制服メインのようですが、こちらの民族衣装に惹かれます。

ロイヤルヨルダン航空
公式サイト英語 日本語なし) https://www.rj.com

アメリカ航空

(C) One World

系のアメリカ航空は、2016年9月30年ぶりに新しいユニフォームチェンジブランドカラーの濃いグレイコバルトブルーラインの差し色でアメリカらしいユニフォームに。

しかしながら新しいユニフォームを着用してから、頭痛や発などのアレルギー反応や健康を引き起こしたパイロットやCAが続出。2018年10月以降新しい制服に変える予定だそうです。支給されるユニフォーム健康が出るなんて怖いですね。

アメリカ航空
公式サイト日本語) https://www.americanairlines.jp/intl/jp/index.jsp?locale=ja_JP

カンタス航空

(C) One World

安全な航空会社として名高い、オーストラリアの大手航空会社のカンタス航空。10年ぶりの2014年ユニフォームリニューアル斜めにストライプが入った鮮やかなピンクの大胆なデザインと合わせたことで、インパクトが強く、スリムに見える効果もありますね。

オーストラリア出身モデルミランダ・カーが、 ユニフォームイメージモデルを務めました。

https://www.youtube.com/watch?v=MChcEAx_DOU
New Qantas Uniform: Behind the Scenes with Miranda Kerr/ Qantas

カンタス航空
公式サイト日本語) https://www.qantas.com/jp/ja.html

イベリア航空

(C) One World

マドリードを本拠地にする、スペインエアライン2018年10月から成田発マドリード直行便が増発。シンプルスーツですが、チラッとのぞくオレンジのシャツがアクセント。

イベリア航空
公式サイト日本語) http://www.iberia.com/jp/

ブリティッシュエアウェイ

(C) One World

英国の大手航空会社ブリティッシュエアウェイズ。スカートイメージが強いCAのユニフォームで、きりりとしたパンツ姿が素敵です。英国大手新聞ガーディアン(The Guardian)によると、パンツスタイルは「女性CAの新人はすべて、スカートを着用」という会社と2年間戦った末、2016年に着用を認められたもの。

ブリティッシュエアウェイ
公式サイト日本語) https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp

エールフランス 歴代のユニフォーム

最後に、「世界で最も美しくエレガントユニフォーム」と呼ばれるエールフランスの歴代のユニフォームを見てみましょう。デザインは、もちろんすべてフランスデザイナーによるものです。


(C) At Press

現在ユニフォームエールフランス紺色を基調とし、ベルトや手袋小物をアクセントに。「さすが、おフランス!」のエスプリが効いたファッション2005年から着用されていますが、長さの異なるジャケットパンツスカートスカイブルーカットソーやブラウスなど数種類が用意されており、アイテムの多さでは随一のエアラインデザインは、クリスチャン・ラクロワ


(C) At Press

1990年代ニナ・リッチのデザインニナ・リッチらしいやかさを感じますね。


(C) At Press

CAから圧倒的に人気のあった紺色ワンピースは、1987年から18年に渡って用されたもの。ベーシックで年齢を問わないカルヴァンデザインは、着こなしやすそうです。


(C) At Press

1987年ルイ・フェローによるもの。淡い色にリボンロマンティックなユニフォームです。


(C) At Press

1978年カルヴァンによるもの。フランス国旗トリコロールカラーが使用されています。


(C) At Press

1969年バレンシアガのデザインスーツ。今見ても、可愛いですね。女性を最も美しく見せるデザイナーと名高いのも納得です。


(C) At Press

1963年クリスチャンディオールのデザインスーツ。上品な印を受けます。

エールフランス
公式サイト日本語https://www.airfrance.co.jp

世界エアラインユニフォーム。文化が異なれば、ユニフォームも異なります。各の美意識が感じられて、憧れますね。

あなたが乗ってみたくなったユニフォームは、どのエアラインのものだったでしょうか。


(C) Skyteam

[エールフランス航空日本就航65周年を迎えて 歴代のユニフォームファッションショーを開催]

乗ってみたい!CAのユニフォームが素敵な海外のエアライン