リンピア・リュブリャナに所属するクロナヴェテル練習試合で麗なFKを炸裂

 スロベニア35m超絶フリーキック(FK)が炸裂。クラブ公式ツイッターインスタグラム動画開すると、海外メディアは「クリスティアーノ・ロナウドのようなロケット弾を放った」と現代を代表する強キックの持ちになぞらえて報じた。

 話題をさらったのは、スロベニアのオリンピア・リュブリャナに所属するスロベニア代表MFロク・クロナヴェテルだ。

 オリンピア・リュブリャナは現地時間2月11日ベラルーシのディナモ・ミンスクと練習試合を行った。他の古相手に1点ビハインドのまま試合終盤を迎えたが、後半43分にゴールから約35メートルの位置でFKを獲得。キッカーを任されたのが、クロナヴェテルだった。

 助走から右足を振り抜いた一撃は、の上を越えると、ゴール前で大きくコースを変えて落下。相手GKにほとんど動く隙を与えずにゴール左隅に突き刺さった。値千の同点弾を、英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」は「ロク・クロナヴェテルスロベニア世界璧なフリーキックでの得点の取り方を示した」と特集。「オリンピア・リュブリャナのMFは、ベラルーシのディナモ・ミンスク戦で約40ヤードの位置から“パイルドラバー”で得点を決めた」「31歳のスロベニア代表はクリスティアーノ・ロナウドのようなドライブ弾を放った」と“落下幅”に焦点を当てて報じた。

 また、ポルトガルデジタルスポーツ新聞「MaisFutebol」も「ロナウドトマホーク」と題して、「クロナヴェテルフレンドリーマッチロナウドのようなゴールで得点した」と、回転FKの使い手として知られるロナウドになぞらえて伝えた。

 スロベニア代表経験もある31歳のクロナヴェテルは、フレンドリーマッチながら驚きのゴールを決めて世界にその名をかせている。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

C・ロナウド級の“35m超トマホークFK弾”に脚光 「世界に完璧なFKでの得点を示した」