是枝裕和監督の最新作のタイトルが『万引き家族』に決定し、新キャストに池高良、池脇千鶴、柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴片山美が出演することが分かった。

【写真】「池松壮亮」フォトギャラリー

 本作は、映画誰も知らない』以来、様々な家族のかたちを描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたとる渾身の新作。犯罪で生計を立てる一家をめぐり、新たな家族物語を描く。

 一家役をリリーフランキー父親万引きに精を出す息子役を桧吏、妻役を安藤サクラ安藤サクラ役に松岡茉優が扮する。さらに、祖役を木希が担当し、父親に連れ帰る少女映画初出演となる佐々木みゆが演じる。

 今回新たに、松岡が働くJK見学店の常連客「4番さん」役で池主人公一家の「仕事」を捜する刑事役に高良と池脇千鶴一家の子供たちを見守る駄菓子屋の店役を柄本明が演じることが発表された。その他に、緒形直人、森口瑤子らベテラン俳優に加え、若手俳優山田裕貴片山美といった俳優が集結する。

 是枝組2度の参加となる池は「非常に短い時間で名前もない言葉も発しないという役でしたが、いつまでもこのままいれたらと思ってしまうような豊かな時間をいただきました」と撮影を振り返っている。

 是枝組初参加の高良は、「これが是枝組かという演出を経験でき、奮しました。現場に入ると必ずある緊感ともいい距離感で接する事ができたのは、是枝組の雰囲気のおかげだと思います」とり、同じく初参加となる池脇は、「監督は、現場で台詞を追加して、その台詞を他の俳優さんがアドリブで答えるという生の反応を欲しがる方なんだなと思いました。そしてそれをとても楽しんでやられていて、どう転んでも正解ということも分かった上で、すごく絶妙な質問を書かれたり、生きたお芝居を、各々が持っている感性を引き出されるのかなと思いました」と撮影の様子を明かしている。

 本作のタイトルについて、是枝監督は「実は、万引きする人たちのお話であると同時に、万引きされた人たちの物語でもあるという二重の意味を込めたタイトルなのですが、そこは出来上がった映画を観て頂くとご理解頂けるのではないか、と思っています」とっている。

 映画万引き家族』は6月より全開。

映画『万引き家族』に出演する、(上段左から)池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、(下段左から)柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.