仮想通貨エンターテインメントを融合し、著名人の価値を引き出す、ブロックチェーン駆動の仮想通貨ラットフォーム【BPTNチェーン】がグローバルローンチし、2018年2月11日に2回目の東京発表会を開催しました。当日は、BPTNチェーン開発メンバーが当チェーンの革新的技術とその魅力について語りました。

BPTNチェーンブロックチェーン技術によって、タレントアーティスト、作家などの著名人やエージェント、マーケッター、および世界中の主要エンターテイメント市場に向けてグローバルツアーを開始し、2018年2月11日の第2回東京発表会では、多くの投資家やブロックチェーン専門家、芸能プロダクションメディアの方に出席いただきました。
BPTNチェーンブロックチェーン技術のオープン性と透明性を活用して、パブリックタレントの無形資産を測定するために設計されています。著名タレントの価値を最大限に高めるだけでなく、彼らを取り巻く、エンターテイメント業界に画期的なプラットフォームを提供します。
世界には、様々な分野で活躍する、個性あふれるタレントアーティストが存在しますが、個々の価値を正確に計測することは非常に困難です。メディアSNS発信の宣伝は誇張されており、不透明なものが多く、ファンの本当の数もあやふやです。

BPTNチェーンは、パブリックタレントオリジナル通貨であるBPTNコインを発行することで、ファンや投資家の間で公に取引され、タレントの価値を定量化する指標の作成が可能になります。さらに、トークンタレントの商品やチケットを購入できるなど、オフライン取引にもつながります。
当日、PTN blockchain Foundation. LTD.責任者Ericから、BPTNチェーンに関する発表がありました。 BPTNチェーンは、当チェーンモデルに基づいて、さらに派生ビジネスも検討していく予定です。
≪将来的にはデジタル資産がクレジットカードに≫
海外から映像での参加となったKAI(CEO)は、BPTNチェーン開発のきっかけを語りました。
「市場にはたくさんのパブリックブロックチェーンがありますが、その多くはB2B構造です。そこで、タレント個人に触れることができ、本格的にブロックチェーンの価値を反映する何かを開発したいと思いました。」

「BPTN仮想通貨スターデジタル資産です。BPTNチェーンによって、ファンタレントアーティストビジネス価値を確認することができ、さらに企業はタレントの本当のファンの人数、及びその価値を正確に把握できます。タレントは、トークンを購入してもらったら、すぐに現金化するのではなく、自身の名誉や人気のために、デジタル資産を担保にして活動することになります。」

「いずれ一般ユーザーも個人のデジタル資産を発行できるようにするのが目標です。将来的に、個人デジタル資産は一人一人のクレジットカードになるでしょう。仮想通貨であるBPTNチェーンが物理的な世界でも通用するようになることを望んでいます。」

≪フォトニックネットワークによる圧倒的な処理速度とセキュリティ
BPTNチェーンはフォトニックネットワークを採用し、画期的な技術によって1秒に1千万件もの取引を可能にしています。こうした革新的技術は、偽造防止や追跡可能性、不可逆性といったBPTNチェーンセキュリティを確保する効果もあります。

≪BPTNチェーン開発メンバーの一人、Ukai Hiroshiのコメント
「日本においても、国が発行したお金をデジタル化した電子マネーから、共通のコンセンサスを取った上で価値が生まれる仮想通貨へと急激に発展しています。今、インターネットの時代からブロックチェーンの時代へとパラダイムシフトをするタイミングに差し掛かっており、仮想通貨は今後、広く普及していくはずです。これからは、一人ひとりがデジタル資産を持つことが重要になり、今後BPTNチェーンは大いに歓迎されることでしょう。(Ukai )」
BPTNチェーンは、あらゆる分野において活躍する企業と提携を結び、グローバル展開を進めています。契約上、まだ公開できない日本のパブリックタレントについても3月に発表する予定です。どうぞ、ご期待ください。

この投稿についてのご連絡は、以下のline@からお願いします。
BPTN公式ホームページ
http://www.bptn.io/
line@wo








配信元企業:PTN Blockchain Foundation.LTD.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ