“勝利の守り神”にフェルナンデスの母国スペイン紙が異例の特集

 平昌五輪で男子フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト羽生結弦ANA)は66年ぶりとなる連覇の偉業に挑む。海外メディアは右足首の故障から復活した王者の“最強の相棒”に注目。「くまのプーさんが秘密兵器」と異例の特集を組んでいる。

ハビエル・フェルナンデスと対決するユヅル・ハニュウの秘密兵器はくまのプーさん」と特集を組んだのは、スペイン地元紙「マルカ」だ。国技でもあるサッカーの報道が大半の同紙だが、欧州選手権6度制覇したスペインの至宝、フェルナンデスに立ちはだかる羽生の“勝利の守り神”に注目している。

 13日に行われた王者の記者会見について、記事では「五輪王者ユヅル・ハニュウ平昌五輪の練習で行われた超満員の記者会見において、くまのプーさんファンであることを告白した」とレポートした。

 フィギュアファンにとって、羽生と黄色い愛らしいディズニーキャラクターは切っても切り離せないもの。羽生の演技の傍らにはプーさんのティッシュケースがいつでもお供。演技後にはプーさんのぬいぐるみが投げ込まれることが多く、昨年10月のGPシリーズの演技後、100以上が投げ込まれてリンクが“プーさんの海”となり、海外メディアも「プーさんが宙を舞う」と伝えた。

今回は持ち込めずも…誰より近くで見守ってきたプーさんが力を与える

 今では部屋中がプーさんだらけになったと明かした羽生について、記事では「2度の世界選手権王者は子供たちの物語でよく知られているキャラクターの収集ぶりについて語った」とレポートしている。

 今回は権利の関係でプーさんのティッシュケースリンクサイドに持ち込むことはできず、練習からショートケーキ風のティッシュケースに変わったことがファンの間で話題を呼んでいるが、誰よりも近くで見守ってきたプーさんも必ずや、羽生に力を与えてくれるだろう。

 16日のショートプログラム(SP)から、トロントで同じブライアン・オーサー氏に師事するフェルナンデスと対決する羽生。復活の舞いの後、江陵のアイスアリーナにはスタンドからプーさんの雨が降るかもしれない。(THE ANSWER編集部)

羽生結弦【写真:Getty Images】