二丁拳銃! スローモーション! ほとばしる男たちの感情! そして!! 半ばセルパロディ的なまでにジョン・ウー的要素が詰め込まれた『マンハント』からは、ウーのサービスと余裕、そして原作映画への異常が伝わってくる。

巨匠ジョン・ウー、『君よ憤怒の河を渉れ』をリメイクする
ジョン・ウー様式美に満ちた独特なアクションと、男たちの熱すぎる感情を表現することに関しては、現在に至るまで最強クラス監督である。30年前には香港ノワールの方向性を決定づけ、さらに『フェイス/オフ』『ミッション:インポッシブル2』などハリウッドでも活躍。そんな彼が、1976年開された高倉健演の日本映画『君よ憤怒の河を渉れ』を原作にして撮ったのが『マンハント』だ。

「なんでわざわざそれを原作に……」と思うのだが、実は『君よ憤怒の河を渉れ』は中国ではめちゃくちゃ人気のある映画だったらしい。というのも、この作品は文化大革命後に初めて開された外映画であり、当時の観客動員は8億人というから凄まじい。「実の罪に問われた検事が、追う刑事と奇妙な交流をしつつ相に迫る」というストーリーが、文革当時に理不尽な扱いを受けた当時の中国人の心情に訴えたのだ。この映画のおかげで健さんは中国でも人気があるのだそうで、ジョン・ウーリメイクしたいと考えるのも当然なのである。

"アクション物語ドライブさせる快感"に浸るべし
『君よ憤怒の河を渉れ』で健さんが演じた検事は、『マンハント』ではドゥ・チウという中国人の腕利き弁護士に変更。彼は酒井社長率いる天神の顧問弁護士なのだが、パーティの翌日、が覚めたら横に社長秘書の女の死体が転がっているという事態に見舞われる。いきなり殺人事件の被疑者となったドゥ・チウは隙を見て逃走。大阪を逃げ惑う。

元の映画では原田芳雄が演じていた刑事にあたる役、矢村を演じるのが福山雅治である。矢村は警察の方針とは別に独自にドゥ・チウを追跡。事件の鍵を握る女・由美の女殺し屋2人組、警察側の内通者と天神トップなどが複雑に絡み合う事件の相に迫るが、その渦中でドゥ・チウ実を確信していく。

というわけで逃げるドゥ・チウと追う矢村がいつしか共闘することになるのだが、その共闘っぷりが期待通りの熱さである。「さすがジョン・ウー……」と唸らされるのは、その心情が通いあう様子をアクションで表現している点だ。特に中盤、手錠で片手同士を繋がれた状態でのドゥ・チウと矢村のアクションシーン素晴らしい。「命がけで追い/追われる関係だった者同士が、極限状態でその心情を理解しあう」という大きな変化を、拳銃の操作や日本刀の投げ渡しで表現するテクニックはさすがにジョン・ウーセリフではなくアクション物語ドライブしていく気持ち良さが充満している。

そうかと思うと、アクションの中にジョン・ウー映画で何回も登場した要素が盛り込まれまくっている。二丁拳銃スローモーションと、「これが見たかったんやろ……?」と言わんばかりの過剰サービスだ。特にに関しては、『マンハント』ではちょっとだけ変わった使われ方をしているのも嬉しい。このあたりからはウーの圧倒的サービスがビンビンに伝わってくる。美味い上にやたらと盛りがいい中華料理屋みたいだ。

ド根性で頑福山雅治ジェットスキーに飛びつくシーンスタントなしでやっていたのにはびっくりした)や、「気持ちはわかるけど、あんたジョン・ウー映画に出たかっただけだろ!」とをかけたくなる斎藤工、やっぱり悪い、どこまでいっても竹中直人竹中直人、いい味すぎるホームレス倉田保昭など、日本側出演者もそれぞれいい味。特に斎藤工なんか、役の名前が「犯人A」である。斎藤工なのに。多分本当に出たかっただけだと思う。

そして度肝を抜くのが、の女殺し屋コンビの片割れ(でかい方)を演じたアンジェルス・ウーである。この人、ジョン・ウーの実のなのだが、めちゃくちゃガタイがよくて強そうなのだ。アクションに関してもそのガタイのでかさから妙に説得があってかっこよく、「福山雅治で勝てるのかよ……」と心配になる程。自分のを妙にかっこよく撮ってしまうあたり、ウーも人の子である。

丁寧すぎる原作要素の盛り込み方に泣け
もうひとつ『マンハント』のポイントになるのが、『君よ憤怒の河を渉れ』からの要素の広い方がとても丁寧なところだ。まず、主人公ドゥ・チウの名前の漢字表記が「丘」なのだが、これはそのまま健さんが演じた丘検事から引用されている。「矢村」という刑事の名前も、原田芳雄が演じた矢村警部からの引用だ。

映画が始まってすぐ、ドゥ・チウが話す「古い映画セリフ」は健さんがセスナ機を譲ってもらう時のものだし、その後にドゥ・チウが口ずさむのは『君よ憤怒の河を渉れ』のテーマソングだ。さらに「」とか「悪い病院」とか、元の映画を見ていればちょっと笑っちゃうくらい原作から引用されたモチーフが登場する。

これらの点から勝手に推察するに、ジョン・ウーマジで『君よ憤怒の河を渉れ』のことが好きである。そうでなくては、わざわざを出す理由が思いつかない。単に元の映画の要素を引用するだけではなく、それをうまく処理して『マンハント』という別の映画染むよう頭をひねった跡があるあたり、限りなくガチな感じがする。

日本映画素晴らしいです」くらいのリップサービスなら、そこまで苦労しなくても言えるだろう。しかし『マンハント』には『君よ憤怒の河を渉れ』という作品の要素が解体され、敬意と遊び心をもって散りばめられている。やはりジョン・ウーの熱意と情は本物なのだ。

【作品データ
「マンハント」公式サイト
監督 ジョン・ウー
出演 チャン・ハンユー 福山雅治 チーウェイ  池内博之 ハ・ジウォン ほか
2月9日よりロードショー

STORY
大阪に本拠を構える天神の顧問弁護士ドゥ・チウは、あるを覚ますと横に女の死体が横たわっていた。実の罪を着せられたドゥ・チウは逃走。一方大阪府警の谷村刑事はドゥ・チウを追うが、その過程で彼が犯人であることに対して疑問を抱く.
しげる