2月14日バレンタインデーを前に、“プロポーズ信号機”が台湾に登場し、話題を呼んでいる。

歩行者信号機の“プロポーズ版”が登場したのは、台湾南部の屏東(へいとう)県。のときは男性がひざまずき、女性の手をとりながら告白をしているポーズ(※ふたりの間にハートマークも)。信号がにかわると、男性女性の手を引っるようにして仲良く歩き出すようになっている。

このロマンチックな演出に地元の人も喜びのをあげているが、「私はまだ未婚なので心が痛む」「いっそのこと別れるバージョンも作ってくれないかしら」などと冗談めかしてボヤく女性たちも。

いずれにせよ“プロポーズ信号機”による話題作りには成功しているようで、「変わった信号機市民ルール遵守を自覚してもらいたい」という交通警察の期待には応えてくれたようだ。