二宮和也に重大疑惑が持ち上がった。木村拓哉からの「恩」を「」で返したのではないかというから穏やかではない。ジャニーズウオッチャーに解説してもらおう。

2月7日放送のラジオ番組『二宮和也のBAY STORM』(bayfm)で、パーソナリティ二宮1月3日放送の『こたつDE』(フジテレビ系)で発言した内容についてリスナーから質問を受けたんです。その番組で二宮は、曜日ごとに着る洋を決め、Tシャツは7枚しか持ってないと明かしていたんですが、リスナーは、どうやって着るを決めたのか聞いた。すると二宮は『それしかないからそれを着てるんだよ』と答えたんです。でも、二宮は昨年、映画検察側の罪人』で、事務所先輩である木村拓哉映画初共演して、その際に誕生日プレゼントとして大量の洋を、それこそ一生困らないほどの量をもらったことを明かしているんです。それが頭にあったのか二宮は、『ボクは基本的にそんなもってないし、木村くんともう共演してないから、そんな持ってないし』と重ねて説明していましたね」

 では、大量の洋は、どこへ消えたのか? 二宮のこの言い方と状況を合わせて考えると、木村との共演から日がたったので、もらったを大量処分したことを言したようにも聞こえるのだ。いくら必要な分だけの衣服で生活するのがポリシーだとしても、それは木村からの恩をで返したことになるのでは…。ただし、前出のジャニーズウオッチャーは「ジャニーズの伝統に習ったのではないか」と前置きして、こう話す。

「伝統というのは先輩後輩にオゴったり、お年玉を渡したり、誕生日プレゼントすることですが、最近、二宮には、彼を『』とあがめる後輩ができたんです。西といい、御年21歳。西は、二宮のことを『尊敬する先輩』『あこがれの人』『お父さんにしたい人』とり、果ては好きな四文字熟語として二宮和也をあげるほど“ベタ惚れ”を言しています。二宮とは映画ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』をはじめ、『VS』(フジ系)やCMで共演。二宮も西を可がり、お年玉をあげるなどあれこれ面倒をみてきた。そして、二宮の体格は身長166cm、B83・W71.5・H89という細身サイズで、レディースものでもOK。木村より二回りは小さく、せっかくもらった洋もブカブカだったと推測されます。着るものに頓着で、すり切れるまで着るのがモットーなこともあり、余分な洋は西プレゼントしたんじゃないでしょうか。二宮よりデカい西ならうまく着こなせると考えたに違いありません」

 ワードローブはTシャツ7枚で済むともする二宮が、もらったものを有効活用する最良の方法と判断した可性は高そうだ。

勢知央)

アサ芸プラス