008983.jpg

レ・ミゼラブル』『ミスサイゴン』をディズニーと共に手がけたキャメロンマンキントッシュが製作したミュージカルメリーポピンズ』の日本初演が、2018年3月25日(日)より上演される。2月13日(火)には稽古場での開取材会が行われ、濱田めぐみ平原綾香大貫澤勇人が取材に応じた。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_5

本作は、アカデミー賞5部門を受賞した不朽の名作映画メリーポピンズ』をミュージカル化した作品。2004年ロンドンウエストエンドで初演されて以降、ニューヨーク・ブロードウェイなど世界10カ以上で上演された。日本初演となる本演では、オーディションを勝ち抜いたキャストたちが胸に迫る家族物語を紡ぎ出す。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_4

この日の稽古場開では、第1幕で歌われる「に餌を」(Feed The Birds)が平原島田歌穂のペア、濱田鈴木ほのかのペアそれぞれで、同じく第1幕の中盤に見られる「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」が平原澤、濱田大貫の両バージョンで披露された。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_3

に餌を」は、ウォルト・ディズニーが「ブラームスの子守歌よりもずっと良い」と言い、最も愛した楽曲としても知られる。身なりがボロボロ女性を見て、気味悪がる子どもたちに対し、メリーが「見たを見ることが大事だ」と教えるナンバーで、メリーバードウーマン(身なりがボロボロ女性)との歌の応酬が見どころだ。高い歌唱を誇る、平原濱田、そして島田鈴木の、伸びやかで訴えかける歌が、この日の稽古でも聞かれた。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_9

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_6

一方「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」は、公園の中のミセス・コリーの“おしゃべりのお店”で1オンスの会話(15文字アルファベット)を買ったメリージェーンマイケルが、34文字の不思議な言葉を生み出すシーンだ。明るい楽曲とハードダンスが見もので、見ているだけで楽しい気分になる。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_7

囲み取材で、平原は「メリーさんは“宇宙人”なので、どうやって宇宙人らしさを出したらいいか、毎日向き合っています」と自身の役柄について話し、「メリー魔法を使うのが当たり前なので、たくさんの魔法が出てきて(稽古では)パニックです。魔法のかけ方を練習しています(笑)」と苦笑い。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_11

一方の濱田も「まずは小さい魔法から、だんだんと大きい魔法を(覚えていきたい)。まだ今、魔法学校先生が来て、一から習っているところです」と笑顔を見せた。さらに濱田は、「(メリーは)自分と近いところもありますが、最終的にする決断が違う。(今回は、子役たちもたくさん出演するので)子どもたちと演じると化学反応があって楽しいんです」とコメントを寄せた。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_10

澤と大貫にとって、本作の最大の課題は「タップ」だという。大貫は「2月から天井を使うタップ練習が始まります。床でタップをするのと全然違う。魔法(ハーネス)をつけたままワンシーン15分くらいを演じるので、動きづらくて」と困り顔で明かすと、澤も「難しいです」と同意。「を伝って天井を一周するんです。今、逆さになってタップを踏む練習をしています」と明かした。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_16

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_15

延べ約17万人を動員するミュージカルである本作。濱田は「とにかく何も考えずに劇場に来ていただければ、素敵な思い出をお持ち帰りいただけると思います」とアピールし、平原は「台本を初めて見た時に、私は泣きながら読みました。それぐらい泣けるミュージカルです」と魅る。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_14

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_13

さらに、大貫は「夢と希望に溢れた作品です。稽古場でも涙してしまうシーンがあるくらい、胸にきます」、澤は「子どもから大人まで楽しめます。4歳のお子さんから観ていただけるので、初めての観劇にもいい作品ですし、疲れている大人の方々にもぜひ観ていただきたいです。忘れかけていた思いやりやを感じることができると思います」とメッセージを贈った。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート_12

ミュージカルメリーポピンズ』は、3月18日(日)から3月24日(土)のプレビュー演を経て、3月25日(日)から5月7日)まで東京東急シアターオーブにて、5月19日(土)から6月5日(火)まで大阪梅田芸術劇場 メインホールにて上演される。

(取材・文・撮影/嶋田己)

008983.jpg