ビヨンセマシュー・ノウルズは、ビヨンセの成功は肌の色が明るいからだと考えているようだ。元マネージャーでもあるマシューは、人種差別についてを取り上げたインタビューの中で、音楽業界における肌の色による差別を強調した。

マシューはアフリカアメリカ人で、元妻でビヨンセティナ・ノウルズはアフリカ系やネイティブアメリカンやフランス系の血を引くルイジアナ・クレオールの血を引いており、ビヨンセの明るい肌の色が音楽チャートの結果に繋がっていると考えているようだ。

マシューはエボニー誌に「女性と言ったら、ポップ系のラジオから流れてくるのは誰だマライア・キャリーリアーナ人ラッパーのニッキー・ミナージュ、そしてビヨンセソランジュだ。彼女ら全てに通じる共通点は何だ?」とコメント

インタビュアーが「肌の色の明るさか」と回答すると、マシューは「偶然だと思う?」と返した。

マシューはデスティニーズ・チャイルドをチャートのトップまで導き、2011年までビヨンセソロ活動でマネージャーを務めていたが、アレクサンドラ・ライト息子クソンを認知したことを理由にティナ離婚して間もなく、ビヨンセとの仕事上の付き合いも終わりを迎えていた。

現在マシューは回顧録レイシズム:ジ・アイズオブ・ア・チャイルド」のプロモーション中だが、その中で、より肌が黒い人たちを見下すように育てられたり、ティナと付き合い始めた時にはティナのことを人かと思っていたことなどがつづられている。

ジェイ・Z結婚しているビヨンセ離婚して以来、との関係を再構築していると話していた。2013年ビヨンセソランジュは、と再婚相手であるジーナ・シャーメインエイヴリーの結婚式を欠席したが、最近では、ビヨンセマシューはソーシャルメディアに一緒に写っている写真投稿している。