2017年開され、邦画実写では1位となる38.4億円の行収入を上げた『銀魂』の続編が、今年8月開されることが発表された。主人公坂田銀時を演じるのは、昨年1月に第二子(性別非表)が生まれたばかりの小栗旬。まさに、2017年私共に幸せずくめとなったわけだが、パブリックイメージとはかけ離れた“イクメンぶり”にも注が集まっている。

「昨年、出演したテレビ番組で『できるときは(保育園に?)夕、送り迎えしてますよ』と話し、さらに『アンパンマンミュージアムにも行ってきました』とっていました」(週刊誌ライター

 7歳と4歳の2児のである瑛太や、6人の子供を育てる谷原章介など、俳優サラリーマン的な時間拘束がないせいか、イクメンぶりがよく伝わってくる。

「実際、小栗と妻・山田優の住居に近い東京・三軒屋周辺で、子供を後ろに乗せて、自転車で爆走する小栗の姿がよく撃されているんです。また、優夫人の山田親太朗が経営する池沖縄料理屋にも顔を出すことがあるそうです。撃者によれば、いかにも芸人という格好ではないものの、一般人とは違うオーラがあるので、ひとでわかるんだとか」(前出・週刊誌ライター

 小栗山田の第一子が長女であることは、の親太朗が「おじさんになりました。姪はかわいくてしょうがない」とツイートしたために知られることになったのだが、3歳ともなればお友達の間で「イケメンお父さん」と評判になっているかもしれない。さらには、小栗パパに出くわしたお母さんたちの溜息も聞こえてきそうだ。

アサジョ