一方的なケアからの脱却

広島県福山市を中心に介護に携わる方のスキルアップ的とした各種研修会を実施する日本通所ケア研究会/福山認知症ケア研究会(広島県福山市)は、東京大阪福岡の3都市にてそれぞれ3月4日(日)・11日(日)・18日(日)の3日間、「実践!認知症ケア研修会2018」を開催します。



本研修会は、経験値に基づいたケア、生活歴だけを重要視する一方的なケアからの脱却を的に、最善の認知症ケアを導き出すアプローチを学び、認知症の方の心身の状況に応じた関わり方ができるようになるための研修会となっており、「BPSDに対応するだけのマニュアル介護の見直し」、「認知症の人の精的・心理的負担を防ぐサポート」、「生活機善は安心・安全な生活を実現する重要な要素」、「足りない人手、かさむ業務」といった具体的な課題に応えてくれます。



プログラム


『第1講座 10:00~11:45
認知症の人の気持ち~BPSDを疾患と人の両面から考える~」
講師:渡辺 哲氏(株式会社きらめき介護塾)
第2講座 12:45~14:00
認知症の方へのリハビリテーションとケア~視点を少し変えた従来のアプローチ活用~」
講師:<東京川畑 智氏(株式会社Re学)/<大阪福岡浅野 有子氏(介護老人保健施設涼風
第3講座 14:15~15:30
認知症の方の生活行為向上の実践的アプローチ~生活機善するケアの工夫~」
講師:<東京山口 健一氏(株式会社バイタル エフステージ白木せいかつのデイ)/<大阪福岡下村 美穂氏(通所リハビリテーションみなみ
第4講座 15:4517:00
「不適切ケアはなぜ起きてしまうのか?~利用者理解にもつながる視点~」
講師:ペ ホス氏(アプロクリエイト)」』




定員は各会場150名、参加費は1講座 3,000円(税・資料代込み)/全4講座 10,000円(税・資料代込み)となっています。また、本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座となっています(認知症ケア専門士単位:3単位)。申込方法等詳しい内容は下記外部リンクよりご覧ください。



(画像は公式HPより)



▼外部リンク
3/4、3/11、3/18 「実践!認知症ケア研修会2018」



「実践!認知症ケア研修会2018」、全国3都市にて開催