1928年に開業したドイツベルリン交通局(BVG)は、スポーツ用品メーカーのアディダス(Adidas)とコラボレーションした乗車券付きスニーカーEQT-Support 93 / Berlin」を500足限定で発売。

2018年1月16日の発売初日に売し、大きな話題となった。

・年間乗車券が埋め込まれたアディダスの限定スニーカー

EQT Support 93/Berlin」は、アディダスのランニングシューズ「EQT SUPPORT 93/17」をベースとしながら、デザインモチーフベルリン交通局の地下鉄を取り入れているのが特徴。

イエロー靴ひもは、体の黄色を表現したもので、カモフラージュ柄のアクセントは座席シートを模したものだ。

また、甲部分のタンには、2018年1月16日から12月31日までの期間、ベルリン交通局のABゾーン内のすべての路線で有効な乗車券が埋め込まれている。

なお、「EQT Support 93/Berlin」の価格は、180ユーロ(約2万3900円)。

ベルリン交通局のABゾーン内の年間乗車券728ユーロ(約9万6160円)であることをかんがみると割安であることも人気を集めた。

・ファッションブランドとのコラボレーションにより公共交通機関の利用を推進

ベルリン交通局では、このユニーク乗車券付きスニーカーの発売によって、若い世代に公共交通機関の利用を促すのが狙い。

ベルリンのほか、ニューヨークでは2017年ファッションブランド「Supreme」とコラボレーションしたメトロカードが発売されるなど、若い世代に人気のあるアパレルブランドとの提携により、公共交通機関の利用促進をはかる取り組みは、世界の大都市で増えつつあるようだ。(文 松岡由希子)

Exklusive Sneakers mit BVG-Sitzmuster / BVG

乗車券が埋め込まれたアディダスの限定スニーカーが登場