映画スターシップトゥルーパーズ レッドプラネット』(開中)のバレンタインデー特別舞台挨拶2月14日に丸の内ピカデリーで開催され、本作で日本語吹替に挑戦したアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」が登壇。5000個ものバレンタインチョコを用意して、ファンを喜ばせた。

【写真を見る】アイドルグループ、=LOVEがミニスカ登壇!美脚がまぶしい

「=LOVE」は、代々木アニメーション学院と指原莉乃プロデュースした12人組アイドルグループバレンタイン当日となったこの日、メンバーファンのために、5000個にも及ぶハートチョコを用意。なかにはメンバー直筆のサイン入りカードが封入されているものもあり、大谷美里は「メッセージカードは1枚ずつ、違うことを書きました。世界に1枚しかないカードになっています!」、野口衣織も「気持ちをいっぱい込めた」とニッコリ。観客1人に1つずつしか配られなかったことから、山本奈は「4000個以上余ってる」と苦笑いを見せて、会場の爆笑を誘った。

本作で、主人公ジョニーリコ率いるはぐれ小隊の一員のヒロイン戦士役タミ・カマチョ役に抜てきされた佐々木舞香は「チョコ、まだ食べてないですか?映画が終わったあとに、みんなで仲良く食べてください」と笑顔バレンタインの思い出を聞かれると「チョコを作るんですが、味見で先に食べてしまう。兄弟もみんな食べちゃうんです。結局、足りなくなってしまってまた中に作る」と夜更かししながらチョコ作りに励んでいたそう。

空港グランドスタッフのサナ役を演じた諸橋は「苦い思い出」を告白。「小学生のときに好きな男の子がいたんですが、渡そうと思って学校に持っていったんですが結局、渡せなかった。に持ち帰って自分で食べました」と言うと、切ない展開に会場からも「えー!」と驚きの。「苦い思い出です」と続けると、大場菜が「そんなところもかわいい」とを細めていた。

バレンタインエピソードに盛り上がるなか、佐々木は「みなさんとステキなバレンタインを過ごせた」とコメントし、「映画も最後まで真剣に観てください」としっかりアピール諸橋も「この映画を通して、『=LOVE(イコールラブ)』のメンバーがみんな成長できたんじゃないかなと思う。これからも応援よろしくお願いします!」と呼びかけ、会場から拍手を浴びていた。

本作は「スターシップトゥルーパーズ」シリーズ第5弾となるアニメーション映画。この日、齋藤羅、齊藤なぎさは学業優先のため欠席となった。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

=LOVE(イコールラブ)がバレンタインチョコをプレゼント!