チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリードパリ・サンジェルマンPSG)戦が、サンティアゴ・ベルナベウで行われる。大一番を前に、スペイン紙『マルカ』が13日付でアンケートを実施した。

 今回、『マルカ』が公式HP上で実施したアンケートテーマは「PSG戦におけるレアル・マドリードのスタメン」だった。提示された5つのシステムから1つを選ぶアンケートには、日本時間14日午前8時30分時点で4万5000を超える票が集まっている。

 5つのパターンにおいて最も多くの票を集めているのは、スペイン代表MFイスコを左MFで起用した[4-4-2]だ。フランス人FWカリム・ベンゼマを先発メンバーから外し、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドウェールズ代表FWギャレス・ベイルが前線のコンビを組む形となる。同システムは、全体票の36.05パーセントを獲得している。

 また、[4-4-2]システムに次ぐ票を集めているのは、C・ロナウドが1トップを務め、スペイン代表MFマルコ・アセンシオとイスコを両ウイングに配置した[4-3-3]だ。得票率はトップと約12ポイント差の24.15パーセントを記録している。

 一方で、BBCベンゼマベイルC・ロナウド)を前線に配置した[4-3-3]システムは支持率が低い。ジネディーヌ・ジダン監督の定番となっている布陣だが、ファンの13.59パーセント。全5パターン中、4位に沈んでいる。

 現地ファンイスコの先発起用を望んでいる今回の大一番。ジダン監督の選択は、どのシステムだろうか。采配に注目が集まる。

(記事/Footmedia

レアルのファンが先発起用を望んでいるイスコ [写真]=Getty Images