地元大谷の第1印をレポート「チームメートに感銘を与えている」

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でエンゼルスに移籍した大谷翔平投手は14日(日本時間15日)にバッテリー組のキャンプインを迎える。ここまでアリゾナ州スコッツデールのキャンプ施設で自トレを行ってきた二刀流右腕。すでにその圧倒的なの当たりにしている新たなチームメートが、驚きを隠せない様子を地元メディアが伝えている。

 大谷が同僚に与えた第1印は「感銘」だった。地元オレンジカンティー・レジスター」は、エンゼルスキャンプイン前に特集記事を掲載。そのタイトルは「エンゼルスでの第1週ショウヘイ・オオタニはチームメートに感銘を与えている」。メジャーリーガーに速、衝撃を与えているようだ。

 エンゼルスTシャツ短パン姿でトレーニングする様子をすでに地元メディアなどでも報じられている大谷フリー打撃では快音を連発しているが、記事の中ではその風景を“撃”したローテーション右腕マット・シューメーカーコメントを紹介している。

「彼が(この新しい環境に)慣れてきているのを見ることは素晴らしいことだね。すごいことだよ。驚異的だね。彼がブルペンで投げ、どれだけの剛速球を投げるんだとね。そして、彼が軽々とスイングしたバットから放たれたボール行方を見るんだ。ちょっとどうかしてるよ。とてもワクワクするね」

 投打両方のが「どうかしている」のは、日本ファンなら分かっていること。ただ、2014年に16勝4敗、防御率3.04の好成績を残したバリバリメジャー右腕も驚きを隠せない様子だ。

運動」に驚きの「やりたいことがほとんどできてしまう」

 記事では「定期的な投球と打撃という、近代野球において前例のない事を彼は行おうとしている。エンゼルスの他の先発投手たちも、みんな同様、彼の挑戦を見たくてうずうずしているのだ」と摘。シューメーカーが、二刀流について「彼ができるといいね。彼はすでに日本で数年間やってのけているよね。彼ができることを見るのが興味深いんだ。彼の成功を見ることは素晴らしいことになるね」と期待していることも伝えている。

 メジャーキャンプ日本よりも練習時間が短く、実戦に入るのもい。個々で行うトレーニングも重要になってくる。ただ、エンゼルスの首は本人や日本時代のトレーナーコーチらと話し合いメニューなどを考えていると、同は言及している。

 一方で、マイク・ソーシア監督が「オオタニの責任は投球であることをはっきりさせている」ことも紹介。指揮官は通常よりも1人多い先発ローテ6人制を採用する予定であることをあらためて明言したという。

「4番手、5番手の投手を探すのに苦労したことが何度もあったんだ。しかし、もし、みんなが健康な状態で戻ってきたら、々のローテーションには格別な厚みを得ることになる。現時点では、その(6人制の)方向で計画を立てているよ」

 記事では、左腕のアンドリュー・ヒーニー投手が「彼にはあそこまでの反射神経運動神経があるから、やりたいことがほとんどできてしまうんだ」と感心している様子もレポートしている。

 キャンプイン前からチームメートの心をがっちり掴んでいる大谷。期待が高まる中で、いよいよ正式にスタートを切る。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】