アニメーション映画さよならの朝に約束の花をかざろう』(2月24日開)の完成披露イベントが13日、都内の劇場で行われ、演を務めた声優石見舞菜香、脚本・監督岡田麿里、同映画プロデューサーアニメ制作会社P.A.WORKS社長である堀川が登壇した。

【写真】『さよならの朝に約束の花をかざろう』完成披露イベントフォトギャラリー

 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の脚本を務め、注を浴びた岡田による初の監督作品。数年の命を持つ、長命の一族イオルフの少女マキアは、ある日人間の赤ちゃんと出会う。育っていく人間の少年少女のままのマキアの出会いと成長、そして別れを描く。

 5年前から企画が立ち上がり、制作に3年を費やした同映画。始まりは堀川社長が放った「100%岡田麿里をさらけ出した作品を観てみたい」という一言だった。その言葉に岡田は「アニメは共同作業なのでかの100%はありえない。100%とはなんだろう…」と々と苦慮し、その結果「監督やらせてください!」と手を挙げたという。しかし、堀川社長の言葉は“監督オファー”ではなく「岡田さんの小説原作にしたアニメを作りたいね、という意味」(堀川社長)で、自身の“誤解”から人生初のメガホンを握ることになった。

 堀川社長は、「監督やらせてください」と直訴された当時を振り返り、「岡田さんはいままで見た中で一番緊していて、喉がからからだった。飲み屋で刺し身醤油をお皿に注ごうとしてたけど、(緊で)お皿に入らず机に醤油を撒き散らしながら『監督やらせてください!』って言っていた」と暴露。岡田は「そこまでやってない!」と照れながら弁解していた。

 物語主人公となるマキア役には、昨年声優としてデビューしたばかりの石見が起用された。石見は「自信のないオーディションだった。私はオーディションがダメだったなと思った日は、日記に反を書く癖がある。そのオーディションの日の日記も反点だらけで、『このままじゃだめだ』って書いてあった。なので決まったと聞いて本当にびっくりしました」と回想。舞台で岡田が石見に“一惚れだった”ことが明かされると「泣きそうです!」と感量の表情だった。

 完成した、初の監督作品を鑑賞した岡田は「本当に作品って生き物だと思った」といい、「脚本家は最初に作品に関わって最初に抜けるポジション監督やらせていただいたことで、今回は最後まで居られたのがうれしかった」と笑顔。「スタッフ全員の気持ちが込められた作品になった。勝手に誤解したところから始まったが、私100%というか、スタッフ100%アニメスタッフすごいなと思った」とった。

 『さよならの朝に約束の花をかざろう』は2月24日より開。

『さよならの朝に約束の花をかざろう』完成披露イベントにて クランクイン!