2018年5月東京大阪で競技ダンス界のトップダンサー集団「バーン・ザ・フロア」が最新作を上演する。ワルツ、タンゴ、サルサルンバストリートカルチャーからディスコダンスまで。多な要素を盛り込み、驚異のダンスエンタインメントを繰り広げる。中でも『バーン・ザ・フロア Joy of Dancing』と銘打つ今回は、創設20周年&来日10回を記念したスペシャルアニバーサリーバージョンだ。スペシャルサポーターに就任した女子フィギュアスケート元日本代表の村上佳菜子が、合同取材会で見所をった。

「一流ダンサーの公演に『こんな表現の仕方があるんだ!』と感動した」

ーー初めて観劇した2004年の来日演『バーン・ザ・フロア Dance evolution』以来、「バーン・ザ・フロア」のファンだそうですね。

初めて山田満知子コーチに連れて行ってもらいました。それまで劇団四季など、演劇の舞台は観ていましたが、一流のプロダンサー演を間近で観る機会がなかったので、「こんな表現の仕方があるんだ!」と小学生ながらに感動しました。身体の使い方が本当に素らしくて。自分のフィギュア練習でも意識して身体を捻ってみたり、すごく勉強にもなりました。

ーー演を観ながら、山田満知子コーチとはどんな会話を?

こういうジャンルの曲では、こういう身体の使い方をするのねとか。多分、先生ご自身も振付をされるので、「勉強のため」という部分もあったと思います。私も引退して自分のプログラムを振付するようになり、今回はまた違った見方や発見があるのかなと、今からワクワクしています。ちなみに6歳上のも「バーン・ザ・フロア」が大好きで、現役時代は私が練習で行けないと言っているのに一人で観に行っちゃったり。そのことに焼きもちをやいていたので、今回サポーターに就任した間におちゃんに報告しました。「いいな~」と言われました(笑)

ーー(笑)。お気に入りのシーンナンバーはありますか。

アップテンポやかなサルサや、カラフルな衣装で跳ねながら踊るジャズも大好きです。色んなジャンルダンスを踊り分けられているところが素晴らしい。私もフィギュアで挑戦してきた部分なので、どうやったら楽しい曲からしっとりした曲へと変われるんだろうと、本当に衝撃を受けました。


「生歌から生演奏まで見所満載! 身体表現から伝わる感動を楽しんで」

ーー今回は過去の名場面に加え、マイケル・ジャクソンジェームス・ブラウン名曲を使ったナンバーや、スマートフォンを使った演出なども加わるとか。

あと、ダンスはもちろん「バーン・ザ・フロア」がおもしろいのは、バンドの生演奏歌手の方の歌を生で聴けるところ。普段ダンス演は観ないという方にも楽しんで観ていただける魅のひとつだと思います。

ーー世界の競技ダンス界のトップダンサーが繰り広げるダンスショーですが、村上さんも現役時代は競技とエキシビジョンを経験されていますね。

競技会だとルールがあるので、点数を採ることに気が取られがちですが、エキシビジョンではどれだけ観てくれる人の心に残るかが勝負になってくる。どれだけ感動して、どれだけ素晴らしいと思ってもらえるか。ジャンプのギリギリまで表現できますし、気持ちの作り方から全然違います

ーーダンス演の魅とは?

言葉がなくても感じるものがある。演劇では台詞で気持ちを伝えますが、例えば「バーン・ザ・フロア」ではタンゴでつらさやジェラシーを伝えるシーンがあったり。身体で表現する面さも観ていただけると思う。フィギュアスケートもそうなんですけど、絶対に表現している方には「こう見せたい!」というものがあると思うので、そういったものを皆さんに感じてもらえたらいいなと思います。

ーーめて応援メッセージを。

生歌、生演奏も聴けますし、観る人によって見え方も違ってくるのが「バーン・ザ・フロア」の素晴らしいところ。本当に見所満載なので、たくさんの方に観てもらえるように、演の良さを伝えていけたらなと思っています。

取材・文・撮影=石橋法子

バーン・ザ・フロア Joy of Dancing

東京演>
2018年5月17日(木)~21日(
■会場:東急シアターオーブ

大阪演>
2018年5月25日)~28日(
■会場:フェスティバルホール

【チケット】発売中
公式サイトhttps://www.ktv.jp/btf

 

 

『バーン・ザ・フロア』合同取材会にて(撮影/石橋法子)