ソチ大会メダリストの19歳、2本五輪史上初の連続4回転炸裂

 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は2本五輪史上初の連続4回転を成功させ、95.25点をマークし、メダルを獲得。ソチ大会に続く2大会連続メダルの快挙となった。メダルは3本平野を逆転したショーン・ホワイト米国)、メダルスコッティジョーンズオーストラリア)。

 平野五輪伝説になった。1回しく転倒し、35.25点と得点を伸ばせず。しかし、迎えた2回だ。予選で封印していた4回転「ダブルコーク1440」の連続技を炸裂。会場を熱狂に巻き起こし、95.25点を叩き出した。“絶対王者”ショーン・ホワイトを抜き、2本終了時点でトップに立った。ただ、3回で転倒。最後に登場したホワイト璧な演技で97.75点をマークし、3度メダルを獲得した。それでも、世界王者と堂々と渡り合った平野も立だった。

 15歳で挑んだ前回ソチ大会でメダルを獲得し、日本五輪史上最年少メダルの偉業を打ち立てた。一気にスターダムにのし上がり、世界平野として際舞台で活躍。昨年3月には試合で負傷し、左ひざ靱帯を損傷するなど、大怪を負ったが、今年1月にはXゲームで史上初の連続4回転を成功させ、メダル補として2度の夢舞台に挑んでいた。

 前日、3位で予選通過。独占インタビューに応じた平野は、こう打ち明けていた。

「あとは、やれることしかやれない。ショーンだったり、スコッティだったりと、自分がやれる技はほとんど変わらないと思う。自分は高さと難易度で、見せつけられればいいと思っている。世界中の人たちが見ている。チャンスかなと、大きい影を与えられたらいいと思います。究極の滑り? それができればいいなと思います」

 06年トリノ、10年バンクバーメダリスト、“レジェンドショーン・ホワイト米国)、昨年の世界選手権王者スコッティジェームズオーストラリア)と堂々と渡り合い、まさに「究極の滑り」を発揮。まだあどけなさの残る19歳が、快挙をつかみ取った。(THE ANSWER編集部)

銀メダルを獲得した平野歩夢【写真:Getty Images】