岡崎京子「リバーズ・エッジ」を題材に、33人のクリエイターが寄稿をした書籍「エッジオブ・リバーズ・エッジ――〈岡崎京子〉を捜す」が新曜社より本日2月14日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

エッジオブ・リバーズ・エッジ――〈岡崎京子〉を捜す」には、西島大介が短編マンガ岡崎京子を探せ DOUBLLE KNOCKOUT 2049」(ハートマーク)を執筆。2049年の火星からやってきた男が助手のAIと棄てられた地球で「岡崎京子」を探索する物語で、小沢健二小山田圭吾が組んでいたフリッパーズ・ギター映画ブレードランナー2049」などのオマージュが散りばめられている。

そのほか浅野いにおエッセイ文「全てがつまびらかになってしまった世の中で」、大島智子が「リバーズ・エッジ」の登場人物にはなれない男の子・女の子に思いを寄せたイラスト永遠に辿りつけない河原のこと」、デザイナーの祖江慎が岡崎の近況を明かす「岡崎京子2018」などが収められ、巻末のプロフィールには岡崎の近影も掲載された。

「エッジ・オブ・リバーズ・エッジ――〈岡崎京子〉を捜す」執筆陣

最果タヒ、山形浩生、玉城ティナ、環ROY滝口生、千木良子、奈良美智、辻村深月長島有里枝、仲俣生、浅野いにおフォスト・ファスロ、志磨杉本、ブレイディみかこ、佐々木、椹木野衣、大島智子、池田エライザ、東佳苗、エリイ、山内マリコ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、二階堂ふみ飯田高誉、ハントンヒョン、小林屋法小沢健二西島大介、角田太郎、祖江慎

「エッジ・オブ・リバーズ・エッジ――〈岡崎京子〉を捜す」帯付き