テレビ朝日系で毎週木曜9時から放送中の木村拓哉ドラマ「BG~身辺警護人」の番組オリジナルLINE公式スタンプ2月15日(木)より販売されることが決定。さらに、木村演じる島崎章のセリフの“ボイス付き”スタンプとなっていることも合わせて発表された。

【写真を見る】木村拓哉らの「BG~身辺警護人~」“ボイス付き”LINEスタンプを一部先行公開!

販売される“ボイス付き”スタンプは、「誤差なし」「全でお護りします!」とドラマファンにはうれしいおなじみのセリフラインナップ。さらに、章のみならず身辺警護課の仲間を中心としたキャストによるスタンプも盛り込まれており、定番のセリフや印的なシーンスタンプ化されている。

日常生活でも使いやすいスタンプを駆使して、「BG~身辺警護人」の世界観をたっぷり堪しよう。

■ 第5話(2月15日[木]放送)あらすじ

日ノ出警備保障の身辺警護課に新しい依頼が舞い込む。あるスポーツ系の慈善団体からの依頼に、高梨也(斎藤工)はある思惑を持って島崎章(木村拓哉)を“BG=警護責任者”に推薦。だが、その慈善団体が元サッカー選手河野純也(満之介)が代表を務めるものだと知っていた章は、ごく自然な流れで、沢口正太郎(間宮祥太朗)を推す。

ところが打ち合わせ当日、依頼である純也が、章を“BG”に名。困惑する章に村田五郎(上川隆也)は「断っても構わない」と諭すが、章は「この任務が終わったら、みんなにすべてを話す」と約束し、純也からの依頼を引き受ける。

一方、SP の落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)が警護のを盗んで病院を抜け出し、しかもそれに民間の警備会社が手を貸したという一件が上の知るところとなり、 しく叱責されていた。愛子の警護を強化し、章たちを全に排除しようとする動きに、愛子は…?

純也の出発当日。空港へ向かう章と高梨のもとに、純也が犯罪がらみで逃亡しようとしている疑惑が浮上する…!?

6年前、章と純也の間に一体何があったのか…。そして、なぜ章は一度ボディーガードを辞めたのか。衝撃の事実がついに明らかに…!(ザテレビジョン

「BG~身辺警護人~」で主演を務める木村拓哉