リヴァプールユルゲン・クロップ監督が、勝つことに大事なのは戦術ではなく気持ちであると明言した。イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

 14日に行われるチャンピオンズリーグCL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグポルトと対戦するリヴァプール。9年ぶりとなる準々決勝進出をしている。

 重要な一戦を前にクロップ監督は、先発メンバーの選出は相手によって変えるのではなく、選手の気持ちの方が結果に影するとった。

システムが試合に勝つことはない。選手たちが正しい選択を正しい間にして、ピッチの上で気持ちを出すことが重要だ。システムは重要なことだが、選手たちを正しいポジションへと導いていくだけだ」

 また、アウェイで行われるファーストレグの結果で準々決勝進出が決まってしまうかと問われると次のようにコメントした。

「1試合の結果だけで決まることがCLでは多いのか? そんなことは考えたこともなかった。でも(セカンドレグは)アンフィールドだから信じているよ。々は観客のによって違いを作れる場所であることを知っているからね」

「でもそのような利点をセカンドレグで活かすためには、最初の試合で結果を残さなければならない。でもそれが難しいことであることは、々も理解している」

リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images