4月27日開の映画アベンジャーズインフィニティ・ウォー』から、日本版のスポット映像が解禁された。

アベンジャーズインフィニティ・ウォー』は、『アベンジャーズシリーズの最新作。スーパーヒーローアイアンマンキャプテン・アメリカアベンジャーズなどのマーベルコミックス作品を実写映画化するプロジェクトマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”の中核をなす作品の一つだ。『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』では、ガーディアンズオブ・ザ・ギャラクシーや、ブラックパンサー、さらにスパイダーマンドクター・ストレンジも参戦し、最の敵・サノスとの戦いが描かれる。


今回解禁されたスポット映像は、わずか30ほどのものながら、アイアンマンスパイダーマンキャプテン・アメリカドクター・ストレンジらがサノスとの戦いのため、集結していく姿が描かれている。

スパイダーマンピーター・パーカーは『スパイダーマンホームカミング』の最後に贈られた新スーツを身に着け、アイアンマンもスマートな新パワードスーツを装着。また、ブラックパンサーティチャラと行動をともにするキャプテン・アメリカスティーブ・ロジャースは、両腕に変形するシールドらしきものを装備。ほかにも、ブラック・ウィドウやソー、ガーディアンズオブ・ザ・ギャラクシーメンバーたちの姿も確認できる。

彼らが立ち向かうサノスは、劇中で六つのインフィニティ・ストーンを集め、原作で「コズミック・ビーイング」と呼ばれる、にも近いを手に入れる人物だ。マーベル・スタジオ社長ケヴィンファイギは、先日来日した際に「もし彼が6個のインフィニティ・ストーンを手に入れると、パチンと鳴らしただけで宇宙の半分の人口を消し去ることができるんだ」と劇中でのサノスについてっている。果たして、ヒーローたちはサノスを止めることが出来るのか。

アベンジャーズインフィニティ・ウォー』は2018年4月27日() 全開。