風間俊介が14日、NHK大河ドラマ西郷どん』の新出演者発表会見に出席。同じ新キャスト松田翔太演の鈴木亮平とのトリオに「物語黄金比率みたいなものを感じています」とくも自信をのぞかせた。

【写真】『西郷どん』新出演者発表会見フォトギャラリー

 同作は、西郷隆盛(吉之助)の史実を基にした歴史ドラマ薩摩鹿児島)の貧しい下級武士に育った西郷が、歴史を左右する盟友たちとの出会いを通じて、明治維新を成し遂げる半生を描く。

 今回の発表会には、鈴木制作統括・櫻井賢の他、新キャストとして松田風間玉山鉄二内田有紀、ピン子、石橋秋山子、斎藤町田啓太、里アンナが出席した。

 一(徳)慶喜を演じる松田は、大河出演3回。「鈴木さんが作っているこの現場は、温かくて和やか。途中から(の出演)ですがスゴくやりやすい」と言い、「一はちょっと変わった切り口から入っていく。最初戸惑いもあったんですけど、素直に演じられれば」と意気込みをった。

 橋本左内役の風間は、大河初挑戦。風間も「鈴木亮平君の作る空気が、器が大きくて、皆を包み込むような感じ。のびのびやらせてもらっている」と笑みを浮かべ、鈴木松田との共演に関しては「三人で並んで歩くと、三者三様と言いますか、主人公がいて、持ちの大男がいて、頭のある小っちゃい者がいるような…そんな物語黄金比率みたいなものを感じています」と自信をのぞかせた。

 それを聞いて、西郷役の鈴木は「そのとおりですね」と賛同。「何か見たことあるトリオ。変な既視感にとらわれる。凸凹トリオで動いております」と笑った。

 鈴木はさらに、新キャストの面々を見渡して「最近、自分が鈴木亮平なのか西郷吉之助なのか、分からなくなる間がある。皆さんのお顔を見ていると皆さんが役の人に見えてくる。感量で、勝手に泣きそうになっている自分がいる」と心を吐露。今後は「いろんな色が混じり合っていて、一色では表現できない深い人間、清濁あわせ持った、西郷吉之助西郷隆盛になっていく姿がこれから描かれる。楽しみに待っていてほしい」とアピールした。

 NHK大河ドラマ西郷どん』はNHK BSプレミアムにて毎週日曜18時、総合テレビにて毎週日曜20時放送。

NHK大河ドラマ『西郷どん』新出演者発表会見の様子 クランクイン!