パブリッシャのtinyBuild Gamesは,6作品をNintendo Switch向けにリリースすることをアナウンスし,各タイトルトレイラー開した。

 元々はゲームデベロッパとして発足し,2013年からはパブリッシャとして小粒ながらも質の良いインディーゲームを手掛けてきたtinyBuild Games2015年8月リリースされた「Party Hard」,そして2016年1月の「Punch Club」など,独自のソーシャルネットワークをうまく利用したプロモーションスマッシュヒットを出している。そんな同社のNintendo Switch進出作品として選ばれたのは,以下のタイトルだ。


The Final Station(2月中に発売予定)

 ポストアポカリプス後の衰退が止められない世界において,何が起こって世界が狂ってしまったのかを,列車を乗り継ぎながら探していく2DシューティングゲームNintendo Switch版には「The Final Traitor DLC」が同封される。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


Clustertruck3月発売予定)

 走り続ける何台ものトラックの荷台の上でジャンプを繰り返して前に進んでいく,物理ベースパズルアクションゲーム

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


Punch Club5月発売予定)

 “ファイトクラブアングラボクシング大会で勝ち抜くために,己の体を鍛えあげては戦うという,ファミコン世代には気になるアクションシミュレーションで,tinyBuild作品では最高となる販売総数65万本のスマッシュヒットタイトルだ。拡パックの「The Dark Fist」も同封される。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


Party Hard(今発売予定)

 騒音を出し続けるパーティ会場に対し怒り狂った主人公が,集まった人々を倒していくアクションゲームセキュリティSWAT部隊を擦り抜けていくようなパズル要素も含まれている。続編の開発も進行中だ。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


Streets of Rogue(年内発売予定)

 PC向けにアーリーアクセス版がリリースされているアクションRPGで,自動生成される都市を舞台に,与えられたミッションを淡々とこなしていくエージェントが主人公となる。銃器で戦うのも,ステルスコミュニケーションを駆使して進めていくのもプレイヤー自由となっている。今回はXbox One向けのリリースアナウンスされた。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)


Hello Neighbor(年内発売予定)

 アニメ調の3Dグラフィックスにホラー要素を共存させたステルスアクション。奇妙な音が聞こえてくるお向かいさんの邸宅に潜入し,内部で何が起きているのかを探り出していく。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 現在,これらのタイトル日本ニンテンドーeショップでもリリースされるかは未定だが,「Punch Club」,「Party Hard」,そして「Hello Neighbor」など,tinyBuildの作品には日本語化されているタイトルもあり,今後の発表に期待しておきたいところだ。

リンクtinyBuild Games公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/410/G041002/20180214043/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
Nintendo Switch Hello Neighbor
Nintendo Switch Streets of Rogue
Nintendo Switch Party Hard
Nintendo Switch Punch Club
Nintendo Switch Clustertruck
Nintendo Switch The Final Station

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

「Hello Neighbor」や「Punch Club」など,tinyBuildが6作品をNintendo Switch向けにリリース