2018年に発売がスタート、もしくは発売が予定されている、あるいは発売が噂されている輸入をご紹介。まずは1月3月から。

▪BMW i3
詳細画像はこちら

BMWが手掛ける電気自動車EV)である「i3」のマイナーチェンジモデル1月15日から販売を開始しました。

今回の良では、フロントバンパーデザインを変更したほか、LEDヘッドライトを全に標準で装備。また、リヤバンパーやボディサイドに加飾を施し、先進的な雰囲気が強調されました。

炭素繊維強化プラスチックCFRP)を用いたボディ構造は健在。その軽くて丈夫なボディのおかげで、0-100km/hは7.3を達成。電気自動車で気になる航続可距離は約390kmと、昨年に登場した新リーフ」に迫るほどです。

▪ロールス・ロイス ファントム
詳細画像はこちら

クルマ興味がない人でもその名を知っているロールス・ロイスブランド徴である「ファントム」が14年ぶりにフルモデルチェンジされました。

見たこそ伝統的なロールス・ロイスですが、中身は全面的に刷新されており、新開発のオールアルミスペースフレームを採用することでボディ剛性を先代から30アップしたほか、130kg以上もの遮音材の追加などで「世界で最も静粛なクルマ」をしたとのこと。価格は5460万円〜。

▪ランボルギーニウル
詳細画像はこちら

2012年北京モーターショーにてコンセプトカー開されてから5年を経て、登場が期待されていたランボルギーニSUVウルス」が、遂に日本で発売されました。

ランボルギーニらしい獰猛なルックスはそのままに、大人5人が乗れる間と616Lの荷室を確保。注パワートレーンはランボルギーニ初の4L V8ツインターボ650ps850Nm)に8速ATを組み合わせ、100km/hまでわずか3.6で加速し、最高速度は305km/hを達成すると言います。価格は2779万9200円。

▪ボルボ・XC40
詳細画像はこちら

「XC90」の日本導入から好調が続くボルボ2018年に販売するモデル1号が「XC40」です。小向けに開発した新プラットフォーム「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」を採用し、SUVでありながら都会の並みでも取り回しに苦労しないサイズを実現。

なお、「XC90」や「XC60」と上級モデルにも装備される9インチタッチディスプレイや16種類の安全装備「インテリセーフ」を備えるなど、リーズナブルなモデルとは思えないほどの充実ぶりにも注とのこと。すでに300台限定での予約注文を受け付けており、価格は559万円。

▪アウディ・A7スポーツバック
詳細画像はこちら

メルセデス・ベンツ CLS」と「BMW 6シリーズ」と並んで4ドアクーペとして人気が高い「A7スポーツバック」。初登場は2010年に遡るものの、その姿はいまなおを惹くほどスタイリッシュですが、昨年遂にフルモデルチェンジが発表されました。

先進さを増したボディの内側に収まるパワートレーンは、3.0L V6340ps500Nm)と7速DCTで、駆動方式は4WDの「クワトロ」。新開発のマイルドハイブリッドシステムと組み合わせて、よりスムーズ強い走りを実現していると言います。欧州では2月から販売が予定されていることから、日本上陸も間近かもしれません。

(今 総一郎)

【関連記事】

メーカーモデルが刷新!2018年1~3月発売予定の新情報編】
https://clicccar.com/2018/02/13/558294/

あの話題のSUVが遂に!? 2018年1~3月発売予定の新車情報【輸入車編】(http://clicccar.com/2018/02/14/558307/)