株式会社セガトイズ(本社:東京都台東区社長佐々木章人、以下セガトイズ)は、世界で初めて火星からの星空を再現した学式庭用プラネタリウムHOMESTAR Classic MARS」を明日より発売いたします。このプラネタリウムは、人類が長年夢見てきた移住の可性もあるといわれている、火星からみた星空の鑑賞体験を可にします。
2018年5月NASAアメリカ航空宇宙局)から火星機「インサイト」が打ち上げられ、同年7月31日には2003年以来15年ぶりの“火星大接近”など、まさに火星イヤー。2018年火星関連のトピックの盛り上がりが期待されています。

HOMESTAR」だから可にした“火星からみた星空
火星の地軸から想定した”火星から見た星空“の再現に成功したプラネタリウムクリエーター大平之氏は、「火星々に最も身近な惑星火星からみる星空は、地球から見たものと一見似ているようで全く違う。おそらく今回の再現は世界で初。」と明かしています。また、同時に「投影星空火星の地軸に合わせた動きをさせるために、複数の回転軸をコンピューターで制御して仮想的に実現する業務用のプラネタリウム機と異なり、HOMESTARではたった1枚の原で再現できる決定的なシンプルさがある」ともっています。
日常の部屋を、スイッチひとつで眼では見きれないほどの圧倒的な数で星空間に変える「HOMESTAR」で、まだもみたことがない火星からみた星空を体験してください。


HOMESTARシリーズとは】
2005年7月プラネタリウムクリエーター大平之氏が監修し、世界初の学式庭用プラネタリウムとして発売を開始。2008年には約12万個の投影出来るシリーズ最上モデルが登場し、その後、オーロラ投影できるシリーズキャラクターアーティストとのコラボレーションお風呂でも使用できるシリーズなど多くの話題商品が販売され、発売から10周年となった2015年には販売台数が100万台を突破しました。


プラネタリウムクリエーター 大平之氏】
小学生の頃からプラネタリウム自作に取り組み、学生時代にアマチュアでは例のないレンズ投影機の開発に成功。1998年、従来の100倍以上にあたる170万個のを映し出す「MEGASTAR」を発表し、話題に。2004年、「MEGASTAR-IIcosmos」がギネスワールドレコーズに認定された。2005年有限会社大平技研を設立。内外施設への「MEGASTAR」設置の他、大イベントアーティストとのコラボレーションなどでプラネタリウムの可性を切り開き続けている。

<商品概要
■商品名:HOMESTAR Classic MARS
投影方法:学式
■商品サイズ:幅159×高167×151(mm)
投影数:約6万個
投影範囲:約2.5mの円状(天井までの投影距離が約2mの場合)
■最適投影距離:2~2.3m
度調整:0度~180
■付属品:専用恒星2枚(「日本星空火星」「火星から見た星空」)、ACアダプター取扱説明書
素材ABSPC、他
■対年齢:15歳以上
■発売予定日:2018年2月15日(木)
希望小売価格:11,000円(税別)
■販売流通:玩具専門店、雑貨店、量販店、オンラインショップ
HOMESTARブランドWEBサイトhttp://www.segatoys.co.jp/homestar/

セガトイズ商品についてのお問合せ先
セガトイズお客様相談センター
TEL 0570-057-080ナビダイヤル電話受付時間: 10:00~12:00、13:00~17:00 (除く祝日
携帯PHSケーブルテレビ等、NTT回線以外のお電話からご利用の場合は、03-6831-8317
セガトイズオフシャルWebサイト
http://www.segatoys.co.jp/











配信元企業株式会社セガトイズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ