宮城県仙台市仙台港のほとりにある夢メッセみやぎで、クルマの熱い祭典が展開中。

2月10~12日に開催される、第11回 東北モーターショー in 仙台 2018 だ。

きょうは最終日とあり、多くの来場者でにぎわっている。

各社の展示車両東京モーターショーと同様のラインナップだけど、東北モーターショーならではの展示もある。

親子で来場したら、環境省催の「電気レーシングカートKids ERK”教室」(参加費無料)がオススメ。

日本EVクラブ内端氏代表のEV座学とEVレーシングカート試乗体験がセットになったイベントで、子どもたちは初めて乗るカートに夢中!

最終回は午後に1回、14:30~15:50に行われるので、現地へ向かっている人はチェックしてみて。

クルマも鉄道も好きという人は、あそこに寄り道してみて

クルマ鉄道も好きという人は、夢メッセみやぎで東北モーターショーを楽しんだあと、仙台鉄道の線路を見に行くのもオススメ。

夢メッセみやぎから西へ2km行くとある、仙台へ向けて歩いたりクルマで向かったり。

仙台とメッセ方面を結ぶ西港線の線路のに立つと、まあたらしいバラストが見える。

まっすぐに敷かれたレールと、まあたらしいバラスト、タンクの群れ、コンテナ積みで走り回るフォークリフトの当たりにして、東北大震災で被災したこの地の復パワーを感じるはず。

東北モーターショー仙台鉄道でて、「ちょっとメシでも」という人は、多賀方面へ。

国道54号 仙街道沿いにある半田屋で「なにたべよっかな」って迷うのも、あり。