北越急行などの鉄道と連携し貨客混載事業に取り組む佐川急便

同社は、の路線バス会社2社と連携し、貨客混載事業の実実験を行う。

実験区間(実施期間)は、秋田中央交通で男鹿市船港船→男鹿北浦湯本(3月1~31日)、羽後交通で本荘→にかほ2月14~28日)。

実験では、現状のスペースを有効利用し、宅配便を収納する小の専用ボックスを複数個利用する。

今回の貨客混載事業で、移動時間の短縮による配達業務の効率化や、従業員の労務負担の軽減、人口が少ない地域の共交通網維持、地域住民の利便性を確保などが期待される。