日本RV協会によると、ここ近年のキャンピングカーの傾向として、バンコン(バンコンバージョン)や8ナンバー登録以外(ミニバンやバンがベース)のモデルが増えているそう。

詳細画像はこちら

同協会の分析では「軽キャンピングカーを除いた8ナンバー以外の車両とバンコンが伸びてきているのは、すでに定着している車中泊人口の増加が影していることは明らか」としています。さらに「8ナンバー以外の車両コンセプト車中泊を想定した設計で、ベッド以外の装備面を簡素化する傾向があるため、結果として購入しやすい価格帯を実現できる」とのこと。

「バンコン」と言っても高価格帯から較的手が届きやすいモデル、8ナンバー登録の本格、大小多様なキャンピングカーがそろっています。「JAPANキャンピングカーショー2018」でも役はハイエースを中心としたバンコンでした。

詳細画像はこちら

ここではバンコンの代表格ハイエースベースを1台ご紹介。レクビィの「Topsail (トップイル)」の2018年モデルは、ハイエースSL特装ベースで、サイズは全長5380×全幅1880×全高2400mm。展示車両は2.7Lガソリン、6AT4WD)です。乗定員は7名、就寝人数は5人。

詳細画像はこちら

就寝ベッドサイズ2161200mm、さらにイージースライド式リヤベッド2241620mmとなっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

そのほか、フロントエアコン、給排タンク(各10L)、カセットガスコンロ、冷蔵庫49L)、リヤヒーター&リヤクラー、19テレビマックスファンスイッチバッテリー電圧計+USBソケット、外部AC&充電装置(12A)&室内コンセント、遮カーテンなどを標準装備。

ほかにも、リヤイージースライドカーゴ、リヤシャワーセットサイドオーニング、フロントダイネットマットオリジナルリヤゲートタープなどをオプション設定。車両価格は584万9000円(税込み631万6920円です)。

詳細画像はこちら

これだけの装備と広さがあれば、子どもが2人いるような4人家族でも十分対応できます。決して小さくはないものの、サイズ的に許容範囲という人も多そうです。

(文/写真 塚田

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【JAPANキャンピングカーショー2018】現在の一番人気は「バンコン」。最新の人気モデル「レクビィTopsail」をチェック(http://clicccar.com/2018/02/14/558885/)