文・取材・撮影:戸塚伎一

40年前にリリースされたゲームリアルタイムプレイできる“時の狭間のゲームコーナー”!
 2018年2月10日〜11日、千葉幕張メッセにて開催された、ゲームファンゲーム大会の祭典“闘会議2018”。同イベントの定番ブースのひとつとなっているレトロゲームエリアは、堅苦しさを感じることなく、過去名作ゲームの数々に触れられる間として、一層洗練されたものになっていた。

※前回のブースリポー



【画像10点】「ゲームプレイの真っ最中には“レトロ”も“最新”もない!! “レトロゲームエリア”リポート【闘会議2018】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 おなじみの巨大ゲーム史年表。来場者が、当時の思い出やゲーム史にまつわる補足情報付箋に書いて貼っていけるのだが、今回は“世代によって使用する付箋の色をかえる”というプチルールが追加されたことで、ゆるやかなカラー・グラデーションが生まれていた。


 ゲーム好きのお部屋セットが組まれたステージレトロゲームの部屋”。第一線で活躍するゲームクリエイターなどをゲストに迎え、開催期間中つねにトークゲーム実況が行われていた。


レトロアーケードゲームフリープレイ


 レトロPCゲームアーケード・筐体の販売買取ショップBEEP”の協のもと、アーケードゲーム明期から1990年代人気タイトルが、1プレイ5分制限のフリープレイで開放されていた。『スペースインベーダー』(タイトー1978年)と『アルカノイド』(同/1986年)は、かつて喫茶店などに設置されていたテーブル筐体で展示されるなど、往年のアーケードゲームがどのような環境で遊ばれていたかを体感できるようになっていた。

 しいゲーム無料でできる機会ということで、子供たちの注度や評判も上々。とくに人気が高かったのは、2方向レバー+1ボタンで気軽に楽しめる固定画面シューティングコスモギャング・ザ・ビデオ』(ナムコ1992年)だったとのこと。


レトロコンシューマゲームフリープレイ


 ファミコン任天堂1983年)を筆頭に、歴代のメーカー家庭用ゲーム機が勢ぞろい。それぞれ、ハードを(いろいろな意味で)代表するゲーム自由に遊べる状態で展示されていた。前回のように、ビンテージ・マイナーハードはないものの、『カービィのエアライド』(任天堂2003年)など、マルチプレイで楽しめるタイトルもあり、始終、老若男女でにぎわっていた。


 ブース内には、1999年リリースドリームキャストタイトルスペースチャンネル5』のVRリメイク作『スペースチャンネル5 VR あらかたダンシングショー』のデモ版もプレイアブル出展されていた。最新技術にもとづいたアレンジをしつつ、当時のファンが「あの世界に入ってる!」と実感できる内容だった。




巨大コントローラーゲームプレイ


 おなじみの巨大コントローラーによるレトロゲームプレイが、今回はついに対戦プレイに対応! 前回の闘会議で登場したスーパーファミコンコントローラーがもう1台作られ、『スーパーマリオカート』(任天堂1992年)のVSマッチレースを2組のプレイヤーで楽しめるようになった。

 コントローラーは、大人ひとりがギリギリ操作できるサイズ感よいうことで、ふたりで操作を分担する参加者も多く見受けられた。かつてさんざん遊んだゲームも、日常ではありえない環境で遊ぶことで、新たな発見があるのかもしれない。