映画における“人魚”といえば、ロン・ハワード監督の『スプラッシュ』(84)やディズニーの『リトル・マーメイド』(89)などでおなじみの上半身が人間、下半身がの不思議な生物キュートな容姿で人々を魅了するのが定番だった。ところが、ポーランド発の怪作『ゆれる人魚』(開中)をはじめ、最近その“人魚”描写に異変が起きている。

【写真を見る】人間は人魚にとって餌にすぎない

ポーランド発の人魚は、文字通りの“食系”!?

『ゆれる人魚』に登場する人魚は、美しい姉妹シルバーゴールデンだ。舞台は1980年代のワルシャワ。から上がった2人がナイトクラブでダンスと歌を披露するとたちまち大人気に。やがてシルバーは人間の青年をするが、ゴールデンは冷ややかな反応。それもそのはず。彼女たちにとって人間は“餌”であり、ゴールデンはこれぞ本当の食系とばかりに男にガブリと喰らいつき、口をく染める…。

人魚としての容貌も従来とは少し異なっている。下半身を足に変えて歩くこともできるが、普段は太く長々とした状態でウナギのようにグロテスク。しなやかに水中を泳ぎまわる印とは大きくかけ離れていて、そのインパクトに度肝を抜かれるはずだ。

ダーク世界観の『ゆれる人魚』だが、物語アンデルセンの童話をベースにしているほか、実は日本アニメの影も受けているとも。監督のアグニェシュカ・スモチスカは、音楽を担当したヴロンスカ姉妹から宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』(08)のことを教わったそうで、よく映画を見てみると…細かな設定などに『ポニョ』的な要素が感じられるという。

■ 進む人魚映画リアルファンタジー

を汚す人間を相手に、人魚族のが大きく広げた尾ひれで戦うチャウ・シンチー監督の『人魚姫』(16)、新副作用人魚…というより魚人間になってしまった男の悲哀を描いた韓国映画フィッシュマンの涙』(15)など、近年は一筋縄ではいかない“人魚”の物語が各で作られている。そんな中、17年度のアカデミー賞で最多13部門のノミネートを受けたギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブウォーター』(3月1日開)でも、物語の鍵を握るのが人魚キャラクターである。

政府の極秘研究所で働くを失くした女性と、アマゾン地でのように崇められていた生物との交流がファンタジックに描かれる。人魚というより魚人物語だが、サリー・ホーキンス演じるを失くした女性が、童話で人間の足を得る対価にを奪われた人魚姫を想起させる設定が興味深い。

メルヘンチャーミング人魚物語より、現代では、時にリアル、時にシニカル、そしてファンタジックなテーマをはらませて人魚映画進化し続けていくのかも?(Movie Walker・文/トライワークス)

キレイな鱗に覆われた下半身ではなく、とっても魚チックな『ゆれる人魚』のヒロイン