明石海峡大橋のたもとにある「道の駅 あわじ」。場内には3軒の飲食店があり、&山の幸など淡路島産の食材を中心とした料理が味わえる。人気は「千館」。岩屋漁港で揚げされた魚介などを使った鮮丼が約10種類そろう。<※情報関西ウォーカー(2018年2月6日発売号)より>

【写真を見る】定番人気の「焼穴子丼」(850円)/海千館

■ 旬のを次々と丼に約10種の鮮丼が旨い!

6種の魚介を使った「THE 鮮丼」(1000円)。4月中旬から11月下旬には「生しらす丼」(850円)と入れ替わる。

旬の鮮丼が気軽に食べられると人気の、同にある「千館」。その種類は常時10種ほどで、なかには1日1600食以上販売されるヒット丼(生しらす丼)もあるとか。

「もともとゴールデンウィーク夏休みが混雑していて」と総務部長 勝義さん。その緩和のため、利用者に少しでもく気軽にの幸を食べてもらおうと、店頭で販売を始めたのが千館の始まりという。メニューは岩屋漁港で揚げされた魚介を使ったものが中心。スタッフたちのアイデアや旬を考慮し、次々と新メニューを投入する。漁が終わればもちろん、人気のないメニューはすぐに終了。「雑誌などで取り上げていただいても、本が出るころにはそのメニューがもうない、ということも(笑)」。その決断の素さが、お客さんから見ると「行くたびに新しいメニューがある」と評判で、リピーターを飽きさせない。

定番人気の「焼穴子丼」(850円)。

2月下旬まで味わえる「寒ブリ丼」(850円)。

淡路島&特製ダシ醤油で食べる「かけごはん」(850円)。

漁師小屋の建物の「千館」。「たこ焼きコロッケ」(60円)などテイクアウトも。

千館<時間:9:3017:00 ※繁忙時延長あり>

淡路島の特産品が約350種そろう!

本館1階にあるみやげ物コーナー淡路島の特産品だけでなく、くぎ煮や海苔などの幸を使った手作りアイテムなども充実。

のり」(340円・左)、「いかなご くぎ煮」(500円・右)は定番人気の商品。

商品が豊富に並んでいる店内。

ゆっくりわいたいならレストラン峡楼」へ!

本館2階にあるレストラン魚介はもちろん、淡路などの幸を使った和洋の幅広い料理がそろう。

淡路をたっぷり使った「極旨すきやき重」(1580円)。汁物・香物付き。

明石海峡大橋を望む店内。

峡楼<時間:11:00~18:00

スタッフが“自”で買う!自慢の一品

淡路ちりたま」(5kg・1800円)。チリメンの有機肥料で育ったタマネギ。糖度は一般的なタマネギの7、8度に対し11.3度も。

のアラ」(300~350円)。「屋さん」の店頭に並ぶアラ(写真ブリ350円)。岩屋漁港は網なので、14時ごろが狙い

「冷凍淡路バーガー」(480円)。レンジで温めるだけで食べられる冷凍バーガー。味はプレーン(写真)とダレの2種あり。

野菜などは新鮮だから、ついつい買って帰り、お料理などに使います。おもしろそうな新商品などは必ずチェックします」と、スタッフ井菜摘さん。

■ 取材ライターがレポート

千館やレストラン峡楼が注されがちな飲食店ですが、もう1軒ある『ナカ食堂』も要チェック。地元で働いている人たちをターゲットにしたフードコートで、麺類や定食、丼などメニューが充実。ワンコイン前後のメニューが中心なので、とても経済的なんです。『こ盛り丼』(800円)など大ボリュームのメニューなどもあるので、体育会系の人はぜひ!」

ナカ食堂<時間:9:3015:00

道の駅 あわじ<住所:淡路市岩屋1873-1 電話:0799-72-0001 時間:9:3017:30 ※繁忙時延長あり 休み:なし 駐車場72台(無料) 交通:神戸淡路鳴門自動車道淡路ICよりで5分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

6種の魚介を使った「THE 海鮮丼」(1000円)/海千館