人工知能スマホ撮影を強サポートしてくれる時代となるようだ。

韓国LGは、スペインバルセロナで今末に始まるモバイルワールド・コングレス 2018で、同社のハイエンドスマホ「V30」新モデルを発表する。人工知能活用し、被写体を自動で分析して最適な撮影設定を提案する機を搭載している。

・全要素を考慮

Vision AIと呼ぶこの新機、すでに搭載されているデュアルレンズなどのハイスペックな撮影性をさらにスマートにする。

具体的には、被写体を分析し、アングルや色、反射、バックライトなどすべての要素を勘案してベストショットにするための設定を提案してくれるのだ。

たとえば、パスタ写真を撮るとしよう。カメラを向けるとVision AIは被写体が食べ物であることを認識し、美味しそうに写るよう、温かみのある色が出るようにするなどしてくれる。

食べ物以外にもポートレート、ペット風景都市朝日夕日の計8つのモードが用意されていて、それぞれのベストショットを引き出す。

・音声操作にも対応

また、カメラを音で操作できる機も加えた。Googleの音アシスト活用し、「ワイドアグルで撮って」「マニュアルモードカメラを立ち上げて」などと命令できる。

さらに、撮影だけでなく、Vision AIはショッピングにも活用できるとのこと。気になるなどにカメラを向けると自動的にQRコード読み込み、そのがどこの店で購入できるかを検索してくれる。

スマホはもう単なるコミュニケーションツールではなく、賢さがめられる時代のようだ。

LG

LG、スマホ「V30」新モデルには人工知能による撮影機能を搭載!